総額500万円級!? ホンダ新型「オデッセイ」超豪華なオプションMAX仕様の中身とは

ホンダの最上級ミニバン「オデッセイ」が11月5日にマイナーチェンジを受けました。最上級仕様は「e:HEV アブソリュートEX」となります。7人乗り仕様のみ設定される、ラグジュアリーなグレードです。では、この最上級モデルにオプションをフル装備すると約500万円に迫る価格となりますが、その中身はどのようなものなのでしょうか。

標準シートに装着されるシートにはホンダ独自技術を搭載

 ホンダは2020年11月5日にマイナーチェンジした「オデッセイ」を発表しました。同月6日に発売されます。

 新型オデッセイは、上質感と迫力を兼ね備えたフロントフェイスに刷新されるなど、内外装や装備に手が加えられており、ホンダの最上級ミニバンに相応しい存在となっています。

 では、最上級グレードの「e:HEV アブソリュートEX」にオプションをフル装備すると約500万円に迫る価格となりますが、その中身はどのようなものなのでしょうか。

マイナーチェンジを受けたホンダ新型「オデッセイ」
マイナーチェンジを受けたホンダ新型「オデッセイ」

 新型オデッセイはマイナーチェンジでグレード体系の見直しもおこなわれ、全グレードがエアロパーツを装着した「アブソリュート」系となりました。

 搭載されるパワートレインや装備の違いで全4グレードが存在しますが(ほかに福祉車両の設定あり)、このなかで最上級グレードとなるのは2モーターハイブリッドシステムが搭載された「e:HEV アブソリュートEX」です。

 今回は、458万円(消費税込、以下同様)のe:HEV アブソリュートEXに装着可能なメーカーオプションをすべて装着していきます。

※ ※ ※

 新型オデッセイは全グレードにおいてメーカーオプションの数が少なく、装備数の充実度合いは基本的にグレードの上下で決めることになりますが、そのなかで数少ないメーカーオプションとして選べるのは「本革シート&インテリア」が挙げられます。

 e:HEV アブソリュートEXとアブソリュートEX(ガソリン・7人乗り)の2仕様のみの設定で、ブラックの本革が醸し出す柔らかな質感が新型オデッセイのラグジュアリーな雰囲気を引き立てます。

 本革シートが設定されるのは7人乗りグレードのみですが、「プレミアムクレードルシート」と呼ばれる2列目キャプテンシートにはオットマンも装着され、ヘッドレストも大ぶりなタイプを採用。

 ゆったりと座ることができ、長距離移動も快適です(7人乗りグレードで本革シート非選択時は、プライムスムースとファブリックのプレミアムクレードルシートが装備されます)。

 本革シート&インテリアのメーカーオプション価格は18万7000円です。

 ちなみに、オプション非選択時に装備されるプライムスムースとファブリックのコンビシートには、ホンダの独自技術「ファブテクト」を活用した撥水・撥油素材が使われています(福祉車両除く)。

 シート表皮に独自のフッ素樹脂加工を施し、表面張力を発生させることにより撥油性を発揮。食べこぼしに強いシートとしました。

 小さな子どもがいる家庭などでは、機能性を重視してこちらを選択するのもオススメです。

※ ※ ※

 今回、新型オデッセイに装着されたメーカーオプションは、前述の本革シート&インテリアも含めて2点です。そして、ディーラーオプションの定番であるフロアマット(フロアカーペット)もあわせて選択すると、オプションの一覧は次のようになります。

●メーカーオプション(総額:23万1000円)

・本革シート&インテリア(18万7000円)

・有償色:プレミアムヴィーナスブラック・パール(4万4000円)

●ディーラーオプション ※工賃込み

・フロアカーペットマット e:HEV用/スタンダード 7人乗り/クレードルシート車用(5万7706円)

 以上のオプションを装着した新型オデッセイ e:HEV アブソリュートEXの価格は、486万8706円となり、500万円に迫る金額となりました。

 また、新型オデッセイにはメーカーオプションのカーナビは設定されていませんが、ディーラーオプションで10インチの新型オデッセイ専用ナビが設定されているので、こちらがメーカー純正ナビ扱いの製品です。価格は27万5000円で、装着するとナビ取り付けアタッチメントなども含めて総額515万6224円となります。

 以前、同社の最上級ミニバンが「エリシオン」だった時代もありましたが、その頃より車格が上がっているオデッセイは、同社の最上級ミニバンに相応しい存在になっているといえるでしょう。

ホンダ・オデッセイ のカタログ情報を見る

【画像】ギラ顔で迫力最強!? ホンダ新型「オデッセイ」最上級仕様を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 先代オデッセイが持っていた上品なイメージが損なわれアルファードやエルグランドに寄った顔つきになってしまったのは残念です。顔付きをいじってもホイルベースやシャーシから諸元を変えなければ張りぼてのようで安っぽさが残るだけ。アルファードに勝負を挑むならオデッセイをモデルチェンジするよりもかつてのエリシオンかラグレイトを先進安全装備を追加して復活してもらいたい。