いわゆる「自動ブレーキ」過信しすぎ? 「基本はシートベルト」 未だ100%達しないベルト着用率の現状

日本における現状のシートベルト着用率はどれくらい?

 それでは、日本ではシートベルトはどのように使われているのでしょうか。

 運転席でのシートベルト装着が義務化されたのは、1969年4月1日。後席でのシートベルトは2008年の改正道路交通法により着用が義務化されています。

シートベルト着用率は前席と後席で大きく異なる
シートベルト着用率は前席と後席で大きく異なる

 警察庁によると、シートベルトの効果はふたつあると説明します。ひとつは、交通事故に遭った場合の被害を軽減すること。もうひとつは、正しい運転姿勢になることで疲労を軽減させることです。

 では、シートベルトの着用率はどれほどなのでしょうか。

 国土交通省と日本自動車連盟(JAF)は、2019年11月5日から11月21日にかけて「シートベルト着用状況全国調査」をおこなっています。

 調査対象者は、一般路では、運転者30万人、助手席約5万人、後席5.6万人。また、高速道路では、運転者5.6万、助手席1.9万人、後席1.3万人と、かなり大規模な調査でした。

 その結果、シートベルト着用率は、一般路では運転席で98.8%。14年前にあたる2005年調査の92.4%から上昇しています。

 助手席については、2005年の80.3%から95.9%へとさらに大きく上昇しています。

 一方で驚くべきことに、2008年に着用が義務化された後席では、39.2%にとどまっているのです。義務化直前の2007年調査時の8.8%に比べると、伸びてはいますが……。

 高速道路では、2019年時点で運転席が99.6%、助手席が98.3%、後席が74.1%となり、こちらも後席でのさらなる着用が求められる状況です。

 また、警察庁による「シートベルト着用関連統計」によると、シートベルト着用有無別死亡者数では、非着用死者の比率は、2019年が42.8%。

 過去10年間のデータで見ると死亡事故総数は減少しているものの、シートベルトを非着用で死亡した人の割合は40%台で推移しています。

 これを座席位置で見ると、シートベルトの非着用で死亡した人の割合は、運転席が41.9%、助手席が22.7%、そして後席が64.6%と高くなります。

 衝突安全、予防安全、双方の視点から、日本でも改めてシートベルト着用の重要性についてユーザー自身が認識する必要があると感じます。

【画像】自動ブレーキ過信しすぎ? 安全の基本「シートベルト」の着用率は(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 桃田健史

ジャーナリスト。量産車の研究開発、自動車競技など、自動車産業界にこれまで約40年間かかわる。
IT、環境分野を含めて、世界各地で定常的に取材を続ける。
経済メディア、自動車系メディアでの各種連載、テレビやネットでの社会情勢についての解説、
自動車レース番組の解説など。
近著に「クルマをディーラーで買わなくなる日(洋泉社)

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 高速バスのマスク着用率とシートベルト着用率比べりゃ分かるね、大半シートベルトなんてしてねーよw、そのくせマスクはキチガイみたいに敏感だからな、マジに局地的なアホ正義だなw