昭和天皇、上皇さまに愛された最強VIP車!? 「プリンスロイヤル」の姿とは

天皇皇后両陛下や皇族が公式に乗車するクルマのことを「御料車(ごりょうしゃ)」といいますが、日本での歴史はなんと100年以上におよぶといいます。

初の国産御料車「プリンスロイヤル」とは

 天皇皇后両陛下や皇族が公式に乗車するクルマのことを「御料車(ごりょうしゃ)」といいますが、御料車が日本で最初に導入されたのは、いまから100年以上前の1912年(大正元年)に遡ります。

日産「プリンス・ロイヤル」(写真提供:日産自動車)
日産「プリンス・ロイヤル」(写真提供:日産自動車)

 初代御料車とされるのは、かつて存在したイギリスの自動車メーカーであるデイムラー製のクルマです。

 その後、御料車には外国製のクルマが使われていたものの、1967年にはじめての国産車として日産「プリンスロイヤル」が納入されました。

 一般向けに販売はされず、御料車のみ制作されたというプリンスロイヤルは、全長6m超という大柄なセダン型リムジンで、エンジンも6.4リッターV型8気筒と非常に大排気量のものが搭載されました。

 その後、プリンスロイヤルは約40年間御料車として供されてきましたが、車両の老朽化や部品確保が困難になったことなどの理由から、宮内庁は2006年(平成18年)に新たな御料車を導入しています。

 それではここでクイズです。

 プリンスロイヤルに代わり、新たな御料車(皇族専用車)として導入されているクルマは次のうちどれでしょうか。

【1】トヨタ「クラウン」

【2】レクサス「LS600h」

【3】トヨタ「センチュリーロイヤル」

【4】マイバッハ「62」

※ ※ ※

 正解は【3】のトヨタ「センチュリーロイヤル」です。

 センチュリーロイヤルのベースとなっているのは2代目の「センチュリー」ですが、全長は約5.2mのベース車から約1mも延長されるなど、別物といえるつくりになっています。搭載されるエンジンは5リッターのV型8気筒です。

 また、御料車のナンバーについて見ると、皇室専用ナンバーの「皇ナンバー」の車両と「品川ナンバー」の車両があります。通例では、国会開会式など公的なお出ましには皇ナンバーを使用し、そのほかの場合は品川ナンバーのものを使われます。

 ちなみに【2】のLS600hは、過去に首相専用車として使用されていたことがあります。現在の首相専用車は3代目「センチュリー」ですが、LS600hも予備車として保有されているということです。

トヨタ・センチュリーのカタログ情報を見る

【画像】実在した! 超豪華なオープン仕様の「センチュリー」特別仕様などを画像でチェック(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 平成天皇とは言わない。
    元号+天皇はご崩御後に呼ばれるものだ。
    常識が無いにも程がある。