コロナ禍もリアル開催「北京モーターショー2020」 中国は自動車産業でも独走となるのか

2020年9月26日に中国で「北京モーターショー2020」(オート・チャイナ2020)が開幕しました。新型コロナ禍のなかリアル開催されましたが、世界の自動車産業にどのような影響を与えるのでしょうか。

このまま中国が世界各国を一気に引き離すのか?

 中国の北京モーターショー「オート・チャイナ」が2020年9月26日、北京空港にほど近い中国国際展覧会場で開催しました。26日と27日が報道陣向け、28日から30日までが業界向けのトレードショー、そして一般公開は10月1日から5日までとなります。

 出展社は先回2018年の開催時に比べて若干減ったようですが、第一汽車、東風汽車、北京汽車、広州汽車、長安汽車などの中国地場メーカーを中核として、海外ブランドでは日系各社と欧米メーカーが中国地場との合弁企業として、さらにEV関連の中国ベンチャー各社が大型ブースに新型車を並べました。

ホンダが北京モーターショー2020で世界初公開した「SUV:e concept」
ホンダが北京モーターショー2020で世界初公開した「SUV:e concept」

 例えば、ホンダとして中国初となる電気自動車「SUV:e concept」や、プラグインハイブリッド車「CR-V PHEV」が世界初公開されています。

 映像を通じて見る限り、各ブースでのコンパニオンのマスク着用を義務付けるなど、感染予防の対策を講じています。入場者は、報道陣向け公開日にしてはかなり多い印象があります。

 中国政府としては、中国が世界に先駆けてコロナ対策に成功して感染を抑え込み、経済活動が本格的に再開したことを国内外に向けてアピールする場として、首都北京で開催するモーターショーをフル活用しているように感じます。

 2020年は、3月上旬開催予定だったスイス・ジュネーブショーはスイス政府の大型イベントでの観客数制限によって、開催直前にドタキャン。

 6月開催予定だった北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)やニューヨークショー、欧州では9月開催予定だったパリモーターショーと商業車向けのドイツ・ハノーバーショーなど、ほぼすべてのモーターショーが中止になっています。

 なお、東京モーターショーは隔年開催であるため、そもそも2020年の開催計画はありません。

 こうしたなかで開催された北京ショーは、大規模モーターショーとしては今年、世界で唯一の存在であり、結果的に例年以上に注目が集まっているといえます。

 日本で中国のモーターショーと聞くと、いまだに日本車やドイツ車のデザインを真似たパクリ車のイメージを持つ人がいるかもしれません。

 そうした傾向は、2010年代半ばにはほとんど見られなくなっており、北京ショーは国際自動車工業連合会(OICA)が認める国際格式ショーです。

 北京のほか、中国のモーターショーは、全国各地で小中規模で開催される場合もありますが、大規模ショーでは北京と隔年開催となる上海ショー、また香港にも近い南部の商業都市・広州ショーは毎年開催です。

【画像】ホンダ新型電動SUV「CR-V PHEV」世界初公開! 出展されたクルマをささっと見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント