ランボルギーニも加わった米伊合作「ダッジ・パイパー」は隠れた名車

マクラーレンの協力を得た2世代目「バイパー」とは

 初代バイパーがオークションに出品された半月ほどのちに開催されたRMサザビーズのオーバーン・ホール・セールにも、バイパーの出品があった。こちらに出品されたのは2004年モデルの「SRT−10」だから、バイパーとしてはセカンドジェネレーションに相当する。

●2004 ダッジ「バイパーSRT−10」

本格的にレース活動に参戦した2世代目のダッジ「バイパー」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
本格的にレース活動に参戦した2世代目のダッジ「バイパー」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 2002年のフルモデルチェンジ時のもっとも大きな特長は、搭載されるV型10気筒エンジンが、8.3リッターにまで排気量が拡大されたことだろう。

 その後2008年には、マクラーレンとリカルドの両社の協力を得て、排気量は8.4リッターとなり、最高出力は一気に608psという数字を掲げるに至った。

 ロングノーズスタイルのエクステリアデザインは、基本的には共通のシルエットだが、全体的なイメージはよりスムーズなものとなり、対コルベットに対する魅力もさらに高まったように感じられた。

 バイパーはこの後、American Club Racerの略であるACRのタイトルを掲げたチューニングモデルを新設定するなどした後、2012年にサードジェネレーションへと市場を譲ることになる。

 それでは今回のオークションの結果はどうだったのだろうか。結果は4万9500ドル(邦貨換算約520万円)での落札だった。

 出品車にはパクストンノヴィのスーパーチャージャーキットが装着され、最高出力は700psにまで高められているということだったが、そのあたりがオリジナルを求める傾向が強いオークション参加者には不評だったのだろうか。走行距離はわずかに1万km未満なだけに、とても惜しく感じられた1台だった。

【画像】新旧バイパーを画像で見比べてみる(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント