なぜ中国人はセダンが好き? 日本では人気低迷も シルフィやシビックが好調な理由

2019年の世界における年間販売台数で1位を獲得しているのが中国市場です。その世界最大級の市場において、人気なのが日産「シルフィ」を始めとするセダンですが、なぜ中国市場では日本や北米で人気に陰りが見えているセダンが人気なのでしょうか。

中国の四輪新車販売台数は世界第1位!

 世界の自動車市場において、北米・欧州・日本は重要な市場といわれていましたが、最近では中国の新車市場が急速に成長しており、世界最大規模となりつつあります。

 そんな中国市場では、日本や北米で人気が落ち込んでいるセダンが好調な販売を見せているといいます。なぜ、中国ではセダンが人気なのでしょうか。

中国では年間40万台以上を販売する日産「シルフィ」。日本一売れているホンダ「N-BOX」の2倍近い数字を誇る
中国では年間40万台以上を販売する日産「シルフィ」。日本一売れているホンダ「N-BOX」の2倍近い数字を誇る

 日本自動車工業会が公表する主要国の四輪車販売台数において、乗用車の販売台数順位は1位が中国、2位がアメリカは変わらずですが、中国は2144万4180台、アメリカは471万5005台となっており、1500万台以上の差があるのです。

 その中国の市場において、絶大な人気を誇っているのが2019年に新型が登場した日産のセダン「シルフィ」で、2019年年間販売台数では46万2671台を記録しました。

 なお、モデル末期を販売していた2018年の中国市場でも47万5696台を記録するなど、新しい・古いに関係なく、シルフィ自体が高い人気を誇っていることがわかります。

 新型シルフィのボディサイズは全長4641mm×全幅1815mm×全高1450mmとなり、日本仕様の全長4615mm×全幅1760mm×全高1495mmと比べて一回り大きいサイズです。

 実際に中国市場で、新型シルフィを購入したユーザーには若年層も多く、先代モデルよりも向上した質感が好評だといいます。

 また、シルフィ以外にもトヨタ「カローラ」やホンダ「シビック」、「アコード」といった日本でも馴染みのあるセダンが人気です。

 中国市場でセダンが人気の背景には、中国のユーザーが重視する後席の広さや内装の高級感という要素がセダンには組み込まれているといい、かつ日本メーカーのモデルは「装備が充実しているのに値段が安い」「日本のブランドゆえ信頼できる」ということで支持されています。

 なお、新型シルフィには機能面にも支持される理由があるようです。シルフィはコネクティビリティが充実しており、オーディオなどのボイスコマンドはもちろん、接続したスマホへの音声入力などにも対応しています。

 中国でのシルフィ人気について日産の担当者は次のように話します。

「2006年に中国市場への投入以来、シルフィは中国の家族をターゲットとして、業界をリードする空間の快適性、燃料効率、信頼性でニーズを満たしています。

 さらに、マーケティングによってシルフィのコアアドバンテージを強調することで、中国の家族層においてユニークな製品の位置づけを確立しました。

 これらの理由から、シルフィは中国での自動車市場の激しい競争のなかで支持いただいております。

 また、コネクティビリティの部分において、中国では漢字の関係で文字入力が煩わしい事情もあり、SNSなどの入力にも音声変換がよくつかわれます。

 中国でより多くの支持を集めるために、そういった事情をしっかり反映させているのです」

※ ※ ※

 このように、後席の広さや内装の高級感を重視する中国のユーザーのニーズを満たしていることやブランドの信頼性が確立されていること、加えて国内事情を踏まえたコネクティビリティ機能による利便性も持っていることが、中国におけるシルフィの人気に繋がっているようです。

【画像】日本よりもデザインがスタイリッシュ!中国仕様の日産「シルフィ」を見る!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント