昔は半強制!? 免許更新時に勧められる「交通安全協会」って何? メリットはあるのか

運転免許証の更新時に受付窓口で「交通安全協会」の加入を勧められることがありますが、なんとなく加入している人も多いのではないでしょうか。交通安全協会とはどんな組織なのでしょうか。

交通安全協会とはどんな組織?加入するとどうなる?

 運転免許証の更新手続きをする際、同時に受付窓口で加入を勧められることのある「交通安全協会」。

 加入自体は任意ですが、地域によっては事前の告知もなく義務のような形で加入させられるケースも過去にはあったといいます。そもそも交通安全協会とはなんなのでしょうか。

交通安全協会が手がける免許更新時の交通教本
交通安全協会が手がける免許更新時の交通教本

 交通安全協会とは、道路交通の安全を目的とする非営利組織で、各都道府県に置かれる交通安全協会と、それらをとりまとめる全国組織の一般社団法人全国交通安全協会で構成されています。

 事故を減らすために警察や行政、地域住民と協力しながら活動し、啓発広報活動をはじめ、交通安全に関するさまざまな事業を展開。事業内容は、交通安全活動の推進や普及啓発があり、交通安全の横断幕やポスターの作成などが代表的なものとしてあげられます。

 ほかにも、交通安全運動の展開や交通安全講習会の開催など、さまざまな側面から運転者や歩行者の交通安全に貢献しています。

 また、免許更新時の更新時講習の主催・講習時に渡される「安全運転のしおり」「交通教本」などのテキスト発行などもおこなっています。

 最近では、急増している自転車による交通事故を踏まえて、新たに「自転車会員」の加入を呼びかけたり、損害保険会社と提携して「自転車の任意保険」への加入を推奨する活動もおこなっています。

 交通安全協会への加入手続きは、警察署や免許センターなどの窓口で、運転免許証の更新手続きの際に勧誘され、更新と同時におこなうことがほとんどですが、東京都などでは勧誘をおこなっていないところもあるようです。

 加入時に納める費用については都道府県によって異なりますが、年額相当300円から500円程度を加入年数分納入します。

 その加入年数は、通常は次回の免許更新までの年数になっているので、例えば年会費が500円の都道府県で更新手続きをするゴールド免許所持者の場合、金額は500円×5年=2500円となり、期間は次回更新までの5年間ということになります。

 交通安全協会への加入は任意となっていますが、任意であることの説明が十分でないまま半強制的に加入手続きが完了してしまうこともあるでしょう。この加入の勧誘について、ある交通安全協会の担当者は次のように話します。

「加入は任意ですが、交通安全協会は協会ごとにバラバラなので、実質加入の勧誘がどのように行われてきたか、今はどうなっているかについて一概にどうとはいえません。

 ただ、昔はほとんどの人が加入しており、加入するのが当たり前という感じはあったとおもいます。最近は昔より加入者も減ってきているので、任意ということは昔より認識されているのではないでしょうか」

※ ※ ※

 最近は、交通安全協会に加入する人は全体の半数程度といわれています。加入時に免許証カバーがもらえる程度にしか認識していない人も多く、加入直後のメリットがあまり感じられないことも加入者が減っている一因だといえます。

 しかし、加入して会員になると都道府県により異なりますが、協会ごとに会員特典が用意されているといいます。

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 昔は更新期限前に更新案内のお知らせのはがきを送っていたから加入していたけれど、今では公安委員会から、更新案内のはがきを送ってくるので、加入をしていないです。
    おそらく、そのような考えで、加入をやめた人が多いのでしょう。

  2. 警察官の天下りの組織に金出すバカはいない。昔、強制時代に支払い拒否して延々返してもらえなかったが最後まで支払わななかった。腐れ警察官のじいさんたちのために何で金払うのか理解できない。

  3. ずっと払ってきたけど任意とは一度も言われてない気がする

  4. なにこの提灯記事!?
    警察OBの天下り団体ってだけ。