アルファ ロメオに「スプリント」復活!! 「ジュリア」は460万円から

アルファ ロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」に新グレード「スプリント」が加わった。両モデルのエントリー的な立ち位置になるスプリントの装備と改良ポイントをレポート。

アルファ ロメオに「スプリント」の名前が復活

 FCAジャパンは、アルファ ロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」に、新グレード「SPRINT(スプリント)」を設定し、先進安全装備の充実をはじめとする改良を施し、2020年10月3日より販売をスタートすると発表した。

●新グレード「スプリント」とは

アルファ ロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」に新グレード「スプリント」が加わった
アルファ ロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」に新グレード「スプリント」が加わった

 新グレードとなるスプリントは、ジュリアには「ジュリア2.0ターボ スプリント」、ステルヴィオには「ステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4スプリント」ととして追加される、いわば両車のエントリーモデルとなる。

 ただし、エントリーモデルではあるが、装備は充実している。たとえば、バイキセノンヘッドライトや18インチアルミホイール、ナチュラルレザーシート(6ウェイ電動調整機能付)、タッチディスプレイ付のConnectシステム、デュアルゾーン式フルオートエアコン、アクティブブラインドスポットアシストなどを標準装備。

 さらにステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4スプリントには、ハイウェイアシストシステムやトラフィックジャムアシスト、トラフィックサインレコグニション、インテリジェントスピードコントロールなども装備される。

 プライス的には、コンペティターとなるプレミアム輸入ブランドと国産メーカーのちょうど中間となる価格帯だ。つまり、そのどちらの層にもアピールしたい考えだ。

 新たなラインナップと車両価格(消費税込・以下同)は次のとおりとなる。

●ジュリア
・2.0ターボ スプリント(右ハンドル):460万円
・2.2ターボ ディーゼル スーパー(右ハンドル):588万円
・2.0ターボ ヴェローチェ(右ハンドル):598万円
・2.0ターボQ4ヴェローチェ(左ハンドル):630万円
・2.9V6 ビターボ クアドリフォリオ(右ハンドル):1174万円

●ステルヴィオ
・2.2ターボ ディーゼルQ4スプリント(右ハンドル):589万円
・2.2ターボ ディーゼルQ4スポーツ パッケージ(右ハンドル):687万円
・2.0ターボQ4スポーツ パッケージ(右ハンドル):720万円
・2.9V6 ビターボ クアドリフォリオ(右ハンドル):1232万円

【画像】アルファ ロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」のリファインした装備をチェック!(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント