VWのスタイリッシュ・コンパクトSUV「T-Roc」ついに日本上陸!

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2020年7月15日、コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)を発表、販売を開始した。

全グレード2リッターディーゼルエンジンを搭載

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2020年7月15日、コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)を発表、販売を開始した。

VWのコンパクトSUV「Tロック」。グレードはスタイルデザインパッケージ
VWのコンパクトSUV「Tロック」。グレードはスタイルデザインパッケージ

 Tロックは全長4240mm×全幅1825mm×全高1590mm、ホイールベースは2590mmのコンパクトSUVだ。

 全長はコンパクトでありながら、5人乗車時の荷室容量は445リッターを確保するなど、広いスペースと高い実用性を盛り込んでいるのが特徴といえる。

 今回、日本に導入されるモデルはすべてディーゼルモデル「TDI」となる。搭載エンジンは150ps・340Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルターボだ。駆動方式はFFで、トランスミッションは7速DSG(DCT)となる。WLTCモード燃費は18.6km/Lだ。

 Tロックのグレードは4種類。車両価格は、ベースグレードの「TDIスタイル」が384万9000円(消費税込、以下同様)、「TDIスタイル デザインパッケージ」が405万9000円、「TDIスポーツ」が419万9000円、「TDI Rライン」が453万9000円だ。

※ ※ ※

 Tロックのフロントデザインは、デュアルヘッドライトを統合した幅広のラジエーターグリルが新鮮だ。最上位バージョンのヘッドライトはLEDを使用する一方、ヘッドライトハウジングは薄型のデザインを採用している。

 サイドラインはAピラーからサイドルーフ全体に延びるクロームラインが特徴だ。Cピラーはクーペのように下方に向かい、タルガバーを連想させる視覚的アクセントになっている。

 またVWのSUVとしては初めて、ルーフセクションにコントラストカラーを用いた2トーンの仕様を選択することができる。

 リアエンドは3つのレベルから構成される水平基調のレイアウトを採用。一番上はリアウインドウを含むルーフセクション、次に3DデザインのLEDテールライトやT-Rocエンブレムが装着されたミドルセクションへと続き、一番下はバンパーエリアになる。

 インテリアは、水平基調を特徴とするデザインになっている。インフォテイメントシステムはダッシュボード最上部に意図的に配置され、8.0インチディスプレイを備えたバージョンでは表面が大型ガラスパネルで覆われている。

 バージョンによってはトリムはダーク仕上げとなるが、その他の仕様ではシートのアクセントと同じコントラストカラーが採用される。このカラーアクセントはドアトリムにも反映される。

 最上位バージョンの「Tロック TDI Rライン」にはアダプティブ・シャシー・コントロール」(DCC)を採用する。これは電子的に調整可能なダンパーにより、スポーティな設定から快適性重視の設定に変化させることも可能だ。

 先進安全装備も充実している。アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)やレーンキープアシストシステム「レーンアシスト」、デイタイムランニングライト、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラートシステム、プリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」など、上位モデルに匹敵する先進安全装備が全車標準装備されている。

 Tロックの名前の由来について、VWブランド開発担当取締役のフランク・ヴェルシュ博士は「Tはすでに市場で成功を収めているTiguan(ティグアン)とTouareg(トゥアレグ:日本未発売)にならったものです」とコメントする。

「VWのSUVモデルのDNAや優位性はTロックにも引き継がれます。Rocは英語のRockに由来しており、ときに激しく、ときに静かにセグメントをrockする(揺り動かす)存在になるでしょう」

【画像】カッコイイ! VW「Tロック」を画像でチェック(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント