マツダSUV初「二桁車名」最初は不安も… 主力に急成長「CX-30」人気の要因とは

マツダの新世代SUV「CX-30」が発売されて半年以上が経過しました。同社の既存SUVと比べても販売は好調だといいますが、車名の命名規則なども含め、発売前は大きな話題となりました。果たして、人気の要因は何なのでしょうか。また、同社の既存SUVと食い合うことはないのでしょうか。

まさかの二桁車名でも成功!? CX-30の販売実績は

 マツダSUV新時代の幕開けである「CX-30」が日本で発売され、早くも7か月が経過しました。

 2019年度(2019年4月から2020年3月)の実績は、10月発売のため6か月分しかないにも関わらず、2万1378台を記録。同社の「CX-5」1年間分(2万7737台)に迫る勢いでよく売れています。CX-30は、いったいどのようなユーザーに人気となっているのでしょうか。

マツダ「CX-30」
マツダ「CX-30」

 CX-30の登場は衝撃的で、新たな展開にユーザーのみならず、業界関係者の多くが驚きました。

 なぜなら、これまでのマツダSUVの規則の常識を覆す「二桁数字表示」として、「CX-30」を名乗ったからです。

 マツダのSUVシフトは、同社が第六世代と呼ぶ商品群のトップバッター「CX-5」から本格化しました。

 マツダ独自のエンジン思想によって研ぎ澄まされたSKYACTIVエンジンのなかでは、とくにディーゼルのSKYACTIV-D搭載車が一気にブレイク。

 ディーゼルといえばマツダ、という時代がやってきたと感じたユーザーが多かったと思います。

 その後、「デミオ(現マツダ2)」ベースの「CX-3」、さらに「CX-5」の3列シート版である「CX-8」が登場。海外では中国市場に特化した「CX-4」と、CXシリーズを拡充してきました。

 こうしたなか、マツダの丸本明社長が「2019年中に新型SUVを世界市場向けに導入する」と発言。

 時期的に、「マツダ3(アクセラの後継車)」が登場することが分かっていたので、日本での中小型車に相当するC/Dセグメント用の新型プラットフォーム(SKYACTIVシャーシ)採用で、エンジンラインアップには「SKYACTIV-X」が含まれることが予測できました。

 大方の予想は「CX-3」のフルモデルチェンジ、または「CX-4」をフルモデルチェンジして日本にも導入というものでした。

 ところが、登場したのはこれまでのCXシリーズとは少し毛色が変わったCX-30となりました。

【画像】デザインも大きな魅力!? マツダ「CX-30」を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント