BMWのクーペSUV「X2」にパワフルなディーゼルモデル「X2 xDrive 20d」追加

ビー・エム・ダブリューは2020年6月8日、プレミアムコンパクトクラスのSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)であるBMW「X2」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「X2 xDrive 20d」を追加、販売を開始した。

190ps・400Nmの出力・トルクでWLTCモード燃費は14.5km/L

 ビー・エム・ダブリューは2020年6月8日、プレミアムコンパクトクラスのSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)であるBMW「X2」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「X2 xDrive 20d」を追加、販売を開始した。

 X2は2018年に誕生した、Xモデルらしいオフロード制毛と都会的な存在感を併せ持つSACとなる。スタイリッシュなクーペデザインを採り入れることにより、都会でも郊外でも、あらゆる走行シーンに適したコンパクトクラスのモデルだ。

BMW「X2 xDrive20d」
BMW「X2 xDrive20d」

 今回新たにラインナップに加わるX2 xDrive20dは、4輪駆動システムを採り入れ、すでにラインナップされているX2 xDrive18dよりも高出力型となる。最高出力は190ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンが搭載された。WLTCモード燃費は14.5km/Lで、パワフルでありながら効率を高め、とくに長距離走行に適している。

 車両価格は、「X2 xDrive20d Mスポーツ Xエディション ジョイ+」が536万円、「X2 xDrive20d MスポーツX」が561万円となる。

※ ※ ※

 X2 xDrive20dには、衝突回避・被害軽減ブレーキなどを含む運転支援システム「ドライビング・アシスト」が標準装備されている。なお、衝突回避・被害軽減ブレーキの採用により「セーフティー・サポートカー(サポカー)」として補助金対象モデルに認定されている。

BMW X2 xDrive20d

・全長:4365mm×全幅:1825mm×全高:1535mm
・ホイールベース:2670mm
・車両重量:1680kg・車両総重量:1955kg
・エンジン:1995cc直列4気筒ディーゼルターボ
・最高出力:190ps/4000rpm
・最大トルク:400Nm/1750−2500rpm
・WLTCモード燃費:14.5km/L

BMW X2の詳細を見る

【画像】X2に待望のディーゼル追加! 「X2 20d」を見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント