話題のトヨタ新型「ハリアー」 先行予約も好調!? 人気グレード&オプションはなに?

4代目にフルモデルチェンジするトヨタの新型「ハリアー」。現在、正式発売に先駆けて先行予約受注がおこなわれています。先行して購入を検討するユーザーは、どのようなグレードやオプションを好むのでしょうか。

2020年6月17日発売の新型「ハリアー」の気になるトコロ

 最近のSUVブーム以前から日本市場で確固たる地位を築いてきたトヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」。2020年4月13日に世界初公開され、瞬く間に話題の新型モデルとなりました。

 同年6月17日に正式発表・発売となりますが、すでに開始されている先行予約受注では、どのようなグレードやオプションが人気なのでしょうか。

注目度バツグンの新型ハリアー。ユーザーはどのグレードを選ぶ?
注目度バツグンの新型ハリアー。ユーザーはどのグレードを選ぶ?

 7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型ハリアー。1997年に初代モデルを発売して以来、従来のカテゴリーにとらわれない都会派SUVとして、独自のポジションを築いてきました。

 4代目となる新型ハリアーのボディサイズは、全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm。先代となる3代目ハリアーの全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mmと比べて低重心のスタイルとなっています。

 搭載されるパワートレインは、ガソリン車(2リッター直列4気筒エンジン)とハイブリッド車(2.5リッター直列4気筒エンジン+2モーターシステム)の2種類となり、3代目に設定されていた2リッターターボ車は廃止されました。

 ガソリン車とハイブリッド車ともに2WD/4WDの駆動方式を採用し、4WDのガソリン車は雨の日、雪道、ドライな路面を前輪駆動と4輪駆動を自動的に電子制御する「ダイナミックトルクコントロール4WD」を設定。

 ハイブリッド車には、前輪をエンジンとフロントモーター、後輪をリアモーターで綿密な駆動制御をおこない、燃費向上と高い操縦安定性を実現する「E-Four」を採用しています。

 展開グレードは、ガソリン車/ハイブリッド車共に「S/G/G“Leather Package”/Z/Z“Leather Package”」を設定しています。

 トヨタの販売店スタッフは、先行予約受注時点の人気グレードやオプションについて次のように話します。

「新型ハリアーでは、GグレードやZグレードで標準装備になるものが多いです。そのため、ガソリン、ハイブリッドともにGグレードやZグレードが人気となっています。

 そのなかでも、トヨタ初の『デジタルインナーミラー』は、エンジン始動時であれば前後のカメラ映像を録画することが可能なため、ドラレコ的な使い方も出来るかもしれません。

 また、もうひとつのトヨタ初装備『電動シェード付パノラマルーフ』はZグレード(レザー含む)のみ約19万円で設定可能なオプションで、希望されるお客さまは少なからずおります。

 外観部分では、プロジェクター式LEDランプをGグレード(レザー含む)とZグレード(レザー含む)に標準装備。

 リアでは、ロングタイプのLEDハイマウントストップランプがZグレード(レザー含む)に標準で装着されます」

※ ※ ※

 そのほか、販売店によるとディスプレイオーデイオでは、SグレードとGグレード(レザー含む)に『8インチディスプレイオーデイオ+6スピーカー』を標準装備。

 Zグレード(レザー含む)に『12.3インチ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)』が標準装備されるといいます。

 また、新型ハリアーからスマホ連携でApple CarPlayやAndroid Autoが標準で操作可能となりました。

【画像】これは爆売れ! ささっと新型ハリアーを見る!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ新型ハリアーの内装色はコントラストを抑えた色合い
トヨタ新型ハリアーに採用される「電動シェード付パノラマルーフ」。オプション価格は約19万円。
1 2

最新記事

コメント