ランボルギーニ公認スピーカー第2弾は「ウラカン・ペルフォルマンテ」

開発・デザインから組み立てまでを一貫して、イタリアでハンドメイドでおこなっているスピーカーブランドであるiXOOSTのランボルギーニとのコラボレーション企画第2弾は、「ウラカン・ペルフォルマンテ」がモチーフだった。日本の住宅事情にもぴったりサイズの、ランボルギーニの名を冠したスピーカーをご覧に入れよう。

本物のエキゾーストパイプを使ったハンドメイドスピーカー

 もともとは、イタリア・モデナ近郊でスポーツカーのエキゾーストマニホールドなどを使い、インテリアとしても優れたスピーカーを作り始めたiXOOSTがデザイン・製作した、ランボルギーニ公認スピーカー第2弾を紹介しよう。

iXOOST AVALANは、ランボルギーニのオフィシャルプロダクトであるスピーカーだ
iXOOST AVALANは、ランボルギーニのオフィシャルプロダクトであるスピーカーだ

 iXOOSTは、ランボルギーニ「アヴェンタドール」をイメージしたスピーカー「ESAVOX」を先にリリースしている。

 ひと目でアヴェンタドールを連想できるESAVOXは、スケールもまたビッグだ。サイズは125cm×50cm×65cmで、重量は53kg。

 存在感もたっぷりなので、ランボルギーニを停めるガレージにはもってこいかもしれないが、一般的なマンションなどのリビングには、少々大きすぎてしまう。

 こうしたユーザーの声が届いたのかは知らないが、iXOOSTがランボルギーニにインスパイアされて作ったスピーカー第2弾は、日本の住宅事情にもピッタリのサイズだ。

 「ウラカン・ペルフォルマンテ」にインスパイアされたデザインの「AVALAN」のサイズは、63cm×24cm×32cmで、重量も12kgとESAVOXに比べるとかなりコンパクトになっている。

 明らかにウラカンのリアのデザインをモチーフにしたAVALANだが、iXOOSTの他の製品と同じく、オリジナルのエキゾーストパイプが用いられていることが一目瞭然だ。

 ランボルギーニがカーボンファイバーを自社で研究開発し、また車両の素材として多用しているように、AVALANでもケーシングにはカーボンが用いられ、軽量化が図られている。

 スピーカーは1インチのツイーター×2、4インチのミッドバス×2の構成となっており、Bluetoothでスマートフォンやタブレット、パソコンなどと接続して使用する。

 カラー展開は、イエロー/ブルー/オレンジ/レッドの4色に、カーボンファイバー地を活かしたカーボンの5種類。プライスは7500ユーロだ。

 テーラーメイドもおこなっているので、自身のウラカンのボディカラーに合わせてオーダーしてみてもいいかもしれない。

【画像】ウラカンそっくりのスピーカーのカラバリ&ディテールを全部見る!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント