全世界100台の限定モデル! ロータス「エリーゼ」クラシックヘリテージエディション受注開始

エルシーアイは、2020年5月15日よりロータスの限定車「エリーゼ クラシックヘリテージエディション」の受注を開始した。

ロータスの輝かしいレースの歴史をモチーフにした4種類のカラーリング

 ロータスカーズの日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイは、2020年5月15日よりロータスの限定車「エリーゼ・クラシックヘリテージエディション」の受注を開始した。

エリーゼ・クラシックヘリテージエディション。ブルー/レッド/シルバーのカラーリングは1980年のロータスタイプ81がモチーフ
エリーゼ・クラシックヘリテージエディション。ブルー/レッド/シルバーのカラーリングは1980年のロータスタイプ81がモチーフ

 エリーゼ・クラシックヘリテージエディションは、エリーゼ・スポーツ220 IIをベースに、ロータスのレーシングヒストリーをテーマとした特別なボディカラーと内装を施した、全世界100台生産の限定モデル。

 エクステリアカラーのコンビネーションは、●ブラック/ゴールド、●レッド/ホワイト/ゴールド、●ブルー/レッド/シルバー、そして●ブルー/ホワイトの4つとなる。

 ブラック/ゴールドは、エマーソン・フィッティパルディが1972年のF1にて5回の勝利を獲得したロータスタイプ72Dがテーマ。レッド/ホワイト/ゴールドは、グラハム・ヒルが1968年にレースをおこなったロータスタイプ49Bを反映している。

 またブルー/レッド/シルバーはナイジェル・マンセル、エリオ・デ・アンジェリス、マリオ・アンドレッティが1980年にレースをおこなったロータスタイプ81をイメージしている。

 そしてブルー/ホワイトは、1960年のロータスタイプ18に捧げるモデルとなる。ロータスタイプ18は、いまからちょうど60年前に、あのサー・スターリング・モスが、ロータスとして初のF1ポールポジション、および初勝利を獲得した記念すべきモデルとなる。

 限定生産であることを証明するビルドプレートがダッシュボードに備えられる。4モデル合計で100台のみの生産となり、注文に応じて4モデルに生産台数が割り当てられる。

 この限定モデルはクラリオン製オーディオ&4スピーカー、エアコン、クルーズコントロール、超軽量ブラックダイアモンドカットアルミホイール、2ピースブレーキディスク、フルブラックカーペットとブラックカーペットが標準で装備される。

 インテリアカラーパックも標準装備。エクステリアカラーに合わせたアッパードアトリムとシートセンターインサート、各モデルを象徴するカラーに引き立てられたギアセレクターサラウンドとダッシュボードが含まれる。またブルー/ホワイト車にのみレッドアルカンターラのセンターが採用される。

※ ※ ※

 ベースとなるエリーゼ・スポーツ220 IIは、220ps・250Nmを発生する1.8リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載、車両重量(乾燥重量)924kgを実現する究極のライトウエイトスポーツカー。

 エリーゼ・クラシックヘリテージエディションはベースモデルの682万円よりも77万円アップの759万円ながら、110万5500円相当のオプション装備を標準装備している限定車となる。

 ロータス工場での生産は2020年5月以降、日本へのデリバリーは同年11月以降を予定している。

ロータスの歴史はレースの歴史! エリーゼの世界100台限定車を画像でチェック(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント