一世を風靡したのに今では忘れさられた存在!? 過去に大ヒットした車5選

かつてヒットして街にあふれていたクルマでも、月日が経つとだんだんと見かけなくなり、いまでは忘れられてしまった……。そんな、過去に大ヒットしたクルマを5車種ピックアップして紹介します。

懐かしの大ヒット車を振り返る!

 これまでヒット作となったクルマは数多く存在しますが、発売から月日が経つとだんだんと見かけなくなり、やがて忘れ去られてしまいます。

ベストセラーとなったクルマでも、いつかは忘れ去られてしまう!?
ベストセラーとなったクルマでも、いつかは忘れ去られてしまう!?

 かつて街にあふれていたクルマでも古くなると廃車され、資源として再生される運命にあるのは避けられません。

 希少価値や趣味性が高いクルマは生き残りますが、大ヒットしたクルマの多くは淘汰されるスピードも速いといえるでしょう。

 そこで、いまではあまり見られなくなった、過去に大ヒットしたクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●日産「ブルーバード」

秀逸なスタイルと走りで大ヒットした6代目「ブルーバード」
秀逸なスタイルと走りで大ヒットした6代目「ブルーバード」

 1959年に発売されたダットサン「ブルーバード」は、最大のライバルであるトヨタ「コロナ」と激しい販売競争を繰り広げ、日本のモータリゼーションの発展に大きく貢献したクルマです。

 そして、1979年に登場した6代目ブルーバードは、大ヒットした3代目を連想させるような直線基調のボディデザインが好評を博し、同時期の6代目コロナを販売台数で抜き去ることに成功。

 発売後から1982年2月まで、小型車クラスの販売台数27か月連続トップという驚異的なセールスを記録しました。

 パワーユニットは急速燃焼の実現のためツインプラグとした「Z型」エンジンを基本とし、1980年には1.8リッター直列4気筒エンジンにターボチャージャーを装着した「Z18ET型」エンジンを搭載した「ターボSSS」をラインナップ。

 このターボSSSは、エンジンのパワフルさやピックアップの良さとともに、走行安定性を高めたサスペンションも高い評価を得ました。

 なお、ブルーバードシリーズでこの6代目が最後のFR車となったため、生粋のブルーバードファンにとって、いまも特別な1台となっています。

●スバル「レガシィ ツーリングワゴン」

ステーションワゴンブームの火付け役となった「レガシィ ツーリングワゴン」
ステーションワゴンブームの火付け役となった「レガシィ ツーリングワゴン」

 生活に根ざした4WDセダン/ステーションワゴンという、独自のマーケットを切り開いたスバル「レオーネ」の後継車として1989年にデビューした「レガシィ」は、新世代のセダン/ステーションワゴンとして大いに話題となりました。

 新開発の2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載し、ターボモデルでは当時の2リッタークラス最強の220馬力を発揮。

 この高性能エンジンとフルタイム4WDシステムを搭載した「レガシィ ツーリングワゴン」は、スキーブームやアウトドアレジャーブームという背景もあって、大ヒットしました。

 レガシィ登場以前もステーションワゴンは数多く存在しましたが、商用バンのイメージが強く、そのイメージを払拭したのがレガシィです。

 レガシィ ツーリングワゴンの成功を目の当たりにした国産メーカー各社が、後にステーションワゴンを次々と発売するという現象が起きました。

●三菱「ディアマンテ」

「ディアマンテ」の登場で3ナンバーFFセダン人気が急上昇した
「ディアマンテ」の登場で3ナンバーFFセダン人気が急上昇した

 バブル景気でアッパーミドルクラスセダンの人気が高まっていた1990年、三菱から3ナンバー専用車の「ディアマンテ」が発売されました。

 当時のセダンは5ナンバーサイズが販売の主力でしたが、ディアマンテは全長4740mm×全幅1775mm×全高1410mmの堂々としたサイズが特徴で、押し出し感の強いデザインも相まって、好景気によって上流志向のユーザーを獲得し、ヒット作になります。

 エンジンは2リッター、2.5リッター、3リッターのいずれもV型6気筒エンジンを横置きに搭載し、駆動方式はFFと4WDを設定。

 もっとも売れたグレードはFFの2.5リッターエンジン搭載車で、ドライブフィールは重厚感がある高級車然としていて、手頃な価格ということもあり、若年層からも人気を博します。

 そして、ディアマンテのヒットによって、他社も3ナンバーサイズのミドルクラスセダンを次々に発売して、追従しました。

【画像】大ヒットしたけど今はレア車!? 懐かしのベストセラーを見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ウ~ン
    mandomすわ。