「止めちゃダメ!」 バス・自転車優先レーンの駐車は違反になる?

バス停付近の駐停車、運行の邪魔はNG!

 優先道路、専用道路以外にも、路線バスの運行を妨げてはいけない法律は多数存在します。なかでも「バスの発進妨害の禁止」、「進路を譲ること」というルールが存在します。

都内の幹線道路では、時間によって「優先」と「専用」が区別されている
都内の幹線道路では、時間によって「優先」と「専用」が区別されている

 まず、道路交通行第44条の「駐停車禁止の場所」において、バス停留所の標識版から10m以内の場所は駐停車禁止と定められています。

 運転手が周辺にいない「放置駐車違反」であれば、違反点数3点・反則金は1万8000円(普通車)、運転手がクルマを移動可能な「駐停車違反」であれば、違反点数2点・反則金は1万2000円(普通車)が課せられます。

 さらに、バスの発進を妨害することも道路交通法で禁止されています。

 道路交通法の第31条の2項において、「停留所のバスが発進するため方向指示器により合図をした場合には、その後方にある車両は合図をしたバスの進路の変更を妨げてはならない」と規定です。

 この場合、「乗合自動車発進妨害」として違反点数1点・反則金6000円(普通車)が課せられます。

 また、「バスの前への急な割込み」や「バスの進路を妨害する行為」といったマナー違反な行為も避けるべきです。これらは法律で規制されているわけではないため、罰則はありません。

 しかし、バスは俊敏に動くことはできず、ブレーキを踏んでからの制動距離が長い乗り物です。急な割込みに対応できず、追突事故につながる恐れがあります。

 法律の規定にかかわらず、バスの進行を妨げないことは事故の防止につながり、自分の身を守ることに繋がります。

【画像】優先? 専用? 何が違うかを画像で比較!(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント