トヨタ新型「ライズ」が絶好調! なぜかダイハツの販売店が盛況な理由とは

トヨタの新型小型SUV「ライズ」が爆発的な売れ行きを記録するなか、OEM元モデルとなるダイハツ新型「ロッキー」も、隠れたヒットモデルへと成長しています。そのうえ、ロッキーはダイハツの販売店へ来客するユーザー層まで変えているというのですが、販売の現場ではいったい何が起きているのでしょうか。

販売店数の差は4000店以上 それでも「ロッキー」絶好調

 トヨタのコンパクトSUV「ライズ」の売れ行きが好調です。2019年11月に発売されて以降の販売台数は、2019年11月は約7500台、そして2019年12月から2月は各月で約1万台を記録しています。

 一方、ダイハツにはライズのOEM元モデルとなる「ロッキー」が存在しますが、このモデルの存在によって、いまダイハツの販売店には変化が起きているといいます。いったい、なにが起きているのでしょうか。

2019年11月5日に発売されたダイハツ「ロッキー」
2019年11月5日に発売されたダイハツ「ロッキー」

 ライズとロッキーはともにダイハツが開発したSUVで、OEM供給先のトヨタと開発元のダイハツで並行して販売されています。

 ロッキーを販売するのは全国に約800店舗あるといわれるダイハツディーラーですが、ライズを販売するのは、全国約5000店舗で構成されるトヨタディーラー全店舗となり、営業力に差があります。

 そんなロッキーは、日本自動車販売協会連合会が発表した登録車販売台数において、2019年11月に4294台を記録して以降、12月から2月の各月は3000台強を販売し続けています。

 販売店数が5分の1以下しかないことを考えると、ライズの月1万台規模と比較しても、なかなかの人気ぶりといえるでしょう。

 また、ロッキーはこれまでダイハツの販売店に呼び込めなかったユーザーの獲得にもつながっているといいます。ダイハツの販売店スタッフは次のようにコメントします。

「ロッキーを検討されるお客さまは、ホンダのSUV『ヴェゼル』や、トヨタのライズと比較されることが多いです。一方、ダイハツの小型車(登録車)という点で共通する『トール』と悩まれるお客さまはあまりいないように感じます」

 ダイハツの登録車ラインナップには、2016年まで「ビーゴ」というコンパクトSUVがあったものの、その後2019年にライズが登場するまで、ダイハツは人気のコンパクトSUV市場に参戦しませんでした。

 しかし、ロッキーが新たにラインナップされたことで、ダイハツは他社のSUVを検討する人に対してもリーチすることができたのです。

 従来のダイハツユーザーの取り合いとはならず、新たなユーザー層を獲得することに成功しました。

※ ※ ※

 新型ロッキー/ライズのチーフエンジニアを務めたダイハツ 製品企画部の大野宣彦氏は、次のように話します。

「日本の乗用車市場は毎年横這いの状態ですが、SUVについては年々比率が上がっており、SUVの人気が高まっていることがわかります。

 SUVを購入したユーザーに話を聞くと、不満点として『荷室が狭い』『車両価格が高い』『もう少し小回りが利くとよい』などの意見が多く寄せられました。

 そこで、コンパクトサイズで広い荷室を持つ、新しいジャンルのSUVの世界があるのではないかと思い、新型ライズ/ロッキーの開発をはじめました」

 今どきのユーザーの声を開発に取り入れてコンパクトSUV市場へ参入したダイハツの戦略は、見事に的中したといえます。

トヨタ ライズの詳細を見る

ダイハツ ロッキーの詳細を見る

【画像】トヨタとダイハツ、どっちが好み!? ライズとロッキーを比較(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント