次期型「エクストレイル」はe-POWERだけじゃない!? 来年にも日産初のPHEV投入か

2021年に日産「エクストレイル」の次期型モデルが登場されているといわれています。同じアライアンスの三菱「アウトランダーPHEV」も同時期に次期型になるといわれ、この2台がプラットフォームが共通化されるといいます。では、パワートレインはe-POWERとPHEVのどちらになるのでしょうか。

2021年に「エクストレイルPHEV」投入か?

 日産の主力SUV「エクストレイル」。現行モデルで3代目ですが、2021年には次期型の登場が予定されているといわれています。次期型エクストレイルは、どんなモデルになるのでしょうか。

次期型「エクストレイル」はe-POWER&PHEVの二刀流!?
次期型「エクストレイル」はe-POWER&PHEVの二刀流!?

 ゴーンショック以後、低迷が続く日産ですが、水面下でトンネルから抜けるべくさまざまな動きも出ています。幸い現在の日産の財政状況を見ると内部留保(一般家庭で言う貯金)を5兆円近く持ってます。

 約20年前に経営破綻しそうになった際には、2兆円の借金を抱えていました。ということを考えると、適切な対策を打っていけば十分に挽回可能かもしれません。

 さて、日産の得意分野は電気自動車やe-POWERに代表されるモーター駆動のモビリティとなります。2021年から厳しくなるヨーロッパの燃費規制もモーター駆動のモビリティでクリア出来るでしょう。

 しかし、ヨーロッパの燃費規制は2025年にもう一段階厳しくなっていきます。その規制をクリアしようとすれば、e-POWERだけでなくPHEVが必要だと思われます。

 日産にとって未知の分野ながら、幸いアライアンスの三菱に「アウトランダーPHEV」という素晴らしい先駆者があるのです。このノウハウを使わない手は無いでしょう。

 実際、次期型アウトランダーの開発に当たり、プラットフォームを次期型エクストレイルと共用化することが決まっているといい、さらにエクストレイルの兄弟車にあたる欧州などで販売される日産のコンパクトSUV「キャシュカイ」も同じく兄弟車になります。

 次期型アウトランダーには、当然の如くPHEVがラインアップされるでしょう。つまりエクストレイルやキャシュカイにもPHEVをラインアップ出来るということになります。

 ヨーロッパの燃費規制をクリアするために、日産ブランドのPHEVは絶対に必要となってくるはずです。そんなバックボーンもあり、早ければ2021年にもデビューする可能性大です。

【画像】次期型どうなる? エクストレイルとアウトランダーを見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1.  また、嘘吐いてる。
     リーフのバッテリーは、ほとんど劣化しない、あるいは劣化が許容範囲ともっともらしい劣化計算式を何度もwebにあげて被害者を増やしたのを忘れたか。
     最近は、文鎮になったリーフの利用とか言っているが。騙されて買った私のリーフは冬場の走行距離が、暖房をつけなくとも50kmになった。
     一般人は、自動車評論家のように頻繁には車を買い替えられない。だから、たまの購入に自動車評論家の意見を参考にする。ところが彼らは日常的にうそをつく。
     新型車はとりあえず大絶賛、競合車が出ると比較記事で大非難。このくりかえす行為が、自分たちの価値を貶めていることに、国沢氏のみならず、すべての自動車評論家は気付くべき。

    • 良く言ってくれました‼️
      詐欺やっちゃえ日産です

  2. じゃあ車買うなや