個性で勝負? SUV市場の競争激化で生き残りかけた各社の戦略とは

国内のSUV市場では、多くのSUVが販売されています。自動車メーカー各社は、激化する市場において埋もれないため、個性を発揮する戦略をおこなっています。では、各社のSUVには、どのような個性があるのでしょうか。

激化するSUV市場。どれを選べばいいの?

 国内のSUV市場では、軽自動車から全長5m近い大型SUVや、ガソリン車/ハイブリッド車/ディーゼル車/PHEV車といったパワートレインの違い、2列シート/3列シートなど多様化するライフスタイルに合わせて、さまざまなSUVがラインナップされています。なかでも国産SUVにはどのような特色があるのでしょうか。

SUVアリすぎ! どれを選ぶべき? 各社の特徴とは
SUVアリすぎ! どれを選ぶべき? 各社の特徴とは

 昨今では、SUVにも細かなニーズが求められるようになり、各社でコンパクト/ミドル/ラージといったサイズ感でモデルを設定しているようです。

 とくに多くのSUVをラインナップするのはトヨタで、ラインナップは、「ライズ」、「C-HR」、「RAV4」、「ハリアー」、「ハイラックス」、「ランドクルーザープラド」、「ランドクルーザー(200系)」の7車種となります。

 次点のスズキは、軽自動車と登録車を合わせた「ジムニー/ジムニーシエラ」、「ハスラー」、「クロスビー」、「SX4 S-CROSS」、「エスクード」の6車種をラインナップ。

 また、マツダは「CX-3」、「CX-30」、「CX-5」、「CX-8」。三菱は「RVR」、「エクリプスクロス」、「アウトランダー」、「アウトランダーPHEV」という4車種です。そのほかの国産メーカーは、2車種から3車種となり、トヨタのSUVラインナップが突出して多いことが分かります。

 2019年登録車年間販売台数のSUV上位5車種で見ると、全体14位・ホンダ「ヴェゼル(5万5886台)」、全体15位・トヨタ「C-HR(5万5677台)」、全体16位・トヨタ「RAV4(5万3965台)」、全体24位・日産「エクストレイル(3万6505台)」、全体25位・「ハリアー(3万6249台)」です。

 また、2020年1月の単月販売台数のSUV上位5車種では、全体1位・ライズ(1万220台)、全体11位・RAV4(5549台)、全体17位・C-HR(3543台)、全体18位・ホンダ「ヴェゼル(3508台)」、全体21位ダイハツ「ロッキー(3153台)」と、長らく売れ筋SUVとして君臨しているC-HRとヴェゼル以外は2019年に発売された新型モデルとなります。

 しかし、これほどまでSUVが増えたことによる弊害は起こっていないのでしょうか。トヨタには、7車種のSUVがありますが、同ラインナップ内でユーザーの取り合いが発生する可能性も考えられます。トヨタの販売店スタッフは販売事情を次のように説明しています。

「来店されるお客さまのなかには、RAV4とC-HRを比較する人もおります。扱いやすいボディサイズ、都会的な外観デザイン、お求めやすい価格などにこだわるお客さまはC-HRを選びます。

 一方で、C-HRでは後席や荷室が狭いと不満を感じるお客さまは、価格は少し高いですが、車内空間に余裕のあるRAV4を購入されます。RAV4は4WDのメカニズムも充実しているので、悪路走破性でRAV4が選ばれることもあります」

※ ※ ※

 このようにSUVのラインナップを増やすと、車種単体ではターゲットユーザーが被り、販売台数の低下に繋がる可能性があります。

 しかし、トヨタブランドとして見ると豊富なラインナップを誇る方が、他社と比較することなくトヨタ内で完結でき、これが激化するSUV市場におけるトヨタの強みといえそうです。

【画像】どれ選ぶ? 人気SUVを画像で比較!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント