賢い自動車保険の選び方とは!? ネット・店舗でどんな違いがある?

自動車保険は、20代だと保険料が高いケースもあります。そこで、ネット通販や窓口、販売ディーラーなど、各種類を比較しながら賢い選び方を探っていきましょう。

各種類の自動車保険を比較! 選ぶ際のポイントや注意点とは?

 世の中には、さまざまな自動車保険があり、どこに加入するべきか迷うところです。なかには、20代だと事故率が高いと見込まれて、保険料が高くなるケースや加入者の年齢がプランによって制限されるケースもあるため、保険会社の選び方には注意が必要です。実際に、ネット通販や窓口、販売ディーラーでは、どのような違いがあるのでしょうか。

事故時には、警察に連絡してから保険会社に連絡しましょう
事故時には、警察に連絡してから保険会社に連絡しましょう

 自動車保険には、インターネットを通してサービスを展開する「ダイレクト型」と、担当者と話し合って契約を結ぶ「代理店型」の2種類があります。この代理店型は、窓口やディーラー保険も含まれます。

 ダイレクト型の場合、見積もりや申込み手続きは、書面・ネット・電話など、複数の方法を選択できます。また、見積もりについて相談したい場合も、ネットもしくは電話による対応となります。

 保険のプラン内容や加入条件の設定など、「自分で保険を作っていく」のも特徴です。代理店手数料が発生しないので、料金も比較的リーズナブルだといえます。

 一方、代理店型は担当者と直接やり取りをしながら、見積もり・申込み手続きをおこないます。相手の希望条件に合わせて担当者が見積もりを提示するほか、プラン内容の比較など、ほとんどを担当者に委ねます。別途、代理店手数料が発生するため、ダイレクト型に比べると料金はやや高めです。

 サポート内容については、ダイレクト型は補償サービスが充実しており、迅速な対応を受けられます。実際に、ロードサービスの一貫として交通費や宿泊費を負担してくれる会社も存在します。

 対して、代理店型の補償サービスは標準的な内容です。ただ、近年では、ダイレクト型並みの補償を用意する会社もあります。損害保険会社の代理なので、相談内容によって本社に確認を取る必要があり、対応に時間がかかることもあるようです。

 なお、同じ代理店型でも、ディーラー保険は独自のサポートを導入しています。その一例として、ホンダが提供する「Hondaあんしん保険プラン」は、盗難やいたずらによる被害、走行中の飛び石による傷など、なんらかの問題でクルマに傷がついてしまった場合は保険内で修理できる補償サービスを展開しています。

 また、ダイレクト型と代理店型で唯一共通する点で「示談交渉力」があります。示談交渉は、過去の事故事例をもとに過失の割合を決定するため、保険会社の種類や大小で、影響することはありません。

※ ※ ※

 各種自動車保険を比較した結果、ダイレクト型は「コストを抑えて自分で保険を選びたい人」、代理店型をはじめとする窓口やディーラーは「保険に詳しくない人」、といった選び方が最適といえます。

 ダイレクト型の場合、コストパフォーマンスに優れているのが最大の強みです。また、理解を深めながら納得して補償内容を選ぶことができるので、自分の保険は自分で選びたいという人におすすめです。

 代理店型は、プランの比較や補償内容の提案をすべて任せられるほか、対面式によるサポート体制が整ってるので、自動車保険初心者にとっても安心といえます。

【画像】うあぁ… ゾッとする交通事故の悲劇(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント