3代目BMW1シリーズは初代/2代目とどう違う?

BMWのCセグメントを受け持つ「1シリーズ」が、3代目に進化して日本に上陸したのは2019年8月。2019年11月から納車が開始されました。新型1シリーズは、初代/2代目の1シリーズとどう違うのか。その3代にわたる歴史を見てみます。

BMWラインナップのなかで最小の「エントリーBMW」

 2019年8月29日に、新型BMW「1シリーズ」が日本で発表され、2019年11月から順次納車がはじまっています。
 
 今回で3世代目に進化した1シリーズですが、3代目にしてはじめて前輪駆動(FF)レイアウトを採用したのが特徴です。

現行3代目1シリーズ(M135i xDrive)
現行3代目1シリーズ(M135i xDrive)

 全長4335mm×全幅1800mm×全高1465mm、ホイールベースは2670mmのボディは、先代となる2代目1シリーズと比較すると、全長はマイナス5mm、全幅プラス35mm、全高プラス25mmというサイズになり、ホイールベースも20mm短くなっています。

 車両重量はガソリンモデルの118iで1430kg。これは先代の118iと比べると40kg軽量化されています。

 パワーユニットは、140馬力/220Nmを発生する1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載した「118i」「118i Play」「118i M Sport」と、306馬力/450Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し4輪を駆動する「M135i xDrive」があります。

 車両価格は118iが334万円(消費税込、以下同様)、118i Playが375万円、118i M Sportが413万円、M135i xDriveが630万円です。

※ ※ ※

 では、歴代1シリーズを振り返ってみましょう。

 初代1シリーズは、2004年に登場しました。

初代1シリーズ 3ドアハッチバック(E81)
初代1シリーズ 3ドアハッチバック(E81)

 全長4240mm×全幅1750mm×全高1430mm、ホイールベースは2660mmの5ドアハッチバック(モデルコード:E87)で、フォルクスワーゲン「ゴルフ」やアウディ「A3」、ルノー「メガーヌ」などと同じ、Cセグメントハッチバック市場に導入されました。

 それまで販売されていた3ドアクーペ「3シリーズコンパクト」の実質的な後継車で、BMWのエントリーモデルとしての役割も担います。

 実用車としての使い勝手も求められるCセグメントハッチバックですが、1シリーズはクラスで唯一、BMWモデルらしく後輪駆動(FR)を採用していました。

 前輪駆動(FF)を採用するライバルに比べてキャビンは小さめで、とくに後席の足まわりはタイトでしたが、FRらしい素直なハンドリングはBMWファンに愛されました。

 当初、日本では150馬力/200Nmを発生する2リッター直列4気筒エンジンを搭載する「120i」、129馬力/180Nmを発生する2リッター直列4気筒エンジンの「118i」、115馬力/150Nmを発生する1.6リッター直列4気筒エンジン搭載の「116i」の3グレードが用意され、6速ATと組み合わされました。

 さらに2005年10月には、265馬力/315Nmを発生する3リッター直列6気筒エンジンを搭載した、フラッグシップモデルの「130i M Sport」が登場しました。

 1シリーズは、のちに追加された3ドアハッチバック(モデルコード:E81)のほか、2008年2月にはクーペモデル(モデルコード:E82)、2008年3月にはカブリオレモデル(モデルコード:E88)が追加されています。このクーペ/カブリオレモデルはその後1シリーズから離れ、「2シリーズ」として登場します。

初代登場は2004年 3代にわたるBMW「1シリーズ」の歴史を見る(47枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント