【デカ過ぎ? 出るのが早過ぎた!?】一代限りで消えてしまった残念なSUV5選

現在、世界各国で人気沸騰中のクルマといえばSUVです。日本でも人気の高まりを受け、次々と新型SUVが発売され、好調なセールスを記録。しかし、かつては多くのSUVが発売されては消えていきました。そこで、一代限りで消えてしまったSUVを5車種ピックアップして紹介します。

人気SUVがまもなくフルチェンジ!? トヨタ ハリアーの詳細情報を見る

なぜか主役になれなかったSUVたち

 SUV人気が続くなか、世界中のメーカーは次々と新型SUVを登場させています。日本でも1リッタークラスのコンパクトSUVから、5リッタークラスのフルサイズSUVまで多数存在します。

一代で終わるという残念なSUVが多数存在した
一代で終わるという残念なSUVが多数存在した

 一方で、かつて販売されていたSUVのなかには目立ったヒット作になれず、消えていったモデルもあるのです。

 そこで、一代限りで消えてしまった残念なSUVを5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「チャレンジャー」

都会派の「パジェロ」としてデビューした「チャレンジャー」
都会派の「パジェロ」としてデビューした「チャレンジャー」

 1990年代に起こった「RVブーム」のときには、本格的なクロスカントリー4WD車が大ヒットしました。なかでもブームをけん引したのが三菱「パジェロ」といわれています。

 パジェロが大ヒットしたことで、三菱は次の一手として、2代目パジェロのコンポーネントを流用した新型SUV「チャレンジャー」を1996年に発売。

 ボディはパジェロよりも都会的なデザインのステーションワゴンタイプで、パジェロとの差別化を図っています。

 エンジンは3リッターV型6気筒ガソリンに加え、2.8リッターと2.5リッターの直列4気筒ディーゼルターボの3種類を用意。

 駆動方式は全車4WDで、上位グレードではフルタイム4WDを基本に、4種類の走行モードを状況に応じて使い分けられる三菱独自のスーパーセレクト4WDを採用。下位グレードはパートタイム4WDとなっています。

 さらにチャレンジャーは低価格という特徴があり、最量販グレードで280万円台、廉価グレードでは230万円台からと、戦略的な価格設定でした。

 チャレンジャーは残念ながらパジェロほどヒットすることなく、2001年に販売を終了しますが、海外では継続して販売され、いまも「パジェロスポーツ」として生き残っています。

●ホンダ「MDX」

巨大すぎて売れなかったもののスタイリッシュなSUV「MDX」
巨大すぎて売れなかったもののスタイリッシュなSUV「MDX」

 ホンダが北米で展開している高級車ブランド「アキュラ」から発売されたSUVの初代「MDX」は、カナダ工場で生産され、2003年に日本でも販売されました。

 MDXは北米市場がメインのSUVで、同じくカナダ工場で生産された「オデッセイ(日本名ラグレイト)」のシャシをベースに開発。

 外観は動物のサイをモチーフにした力強いデザインで、SUVとしてタフさを表現した3列シートのステーションワゴンタイプです。

 エンジンは260馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒を搭載し、トランスミッションは5速ATが組み合わされ、駆動方式は電子制御可変トルク配分4WD「VTM-4」を採用しています。これはフルタイム式やパートタイム式の長所を併せ持つ、ホンダ独自の4WDシステムです。

 MDXは2006年に日本での販売を終了するという短命なクルマでしたが、その理由のひとつがボディサイズといわれています。

 北米ではミドルサイズとされていましたが、全長4790mm×全幅1955mm×全高1820mmと日本車離れした大きさで、とくに駐車場や市街地ではかなり気を使うサイズです。

 また、車重2030kgとかなりの重量級ということもあり、カタログ燃費が7.8km/L(10・15モード)と、あらゆる数字が日本での使用に対して厳しい状況でした。

 MDXは日本で受け入れられませんでしたが、アメリカンテイストのSUVが日本で普通に買えたということは、いまとなってはレアなケースです。

●マツダ「CX-7」

スポーティ路線でいったものの販売は振るわなかった「CX-7」
スポーティ路線でいったものの販売は振るわなかった「CX-7」

 現在、マツダが国内で販売しているSUVは「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」があり、大きさで分けられていますが、かつて「CX-7」というモデルが存在していました。

 2007年に発売されたCX-7のコンセプトはスポーツカーとSUVの特徴を融合させた「スポーツクロスオーバーSUV」で、エンジンは238馬力とパワフルな2.3リッター直列4気筒直噴ターボを搭載し、駆動方式はFFと4WDが選べました。

 外観デザインは大きく傾斜させたフロントウインドウと、立体的な造形の大きく張り出したフェンダーによる個性的かつスタイリッシュなスタイルです。

 しかし、元々は北米市場に向けて開発されたため、ボディサイズは全長4680mm×全幅1870mm×全高1645mmと、当時としてはかなりの大柄で、市街地での使い勝手は良いとはいえませんでした。

 その結果、日本では2011年にフルモデルチェンジすることなく生産を終了。翌2012年にCX-5が発売され、実質の後継車となります。

【画像】一代で消滅したSUVを見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. たまに、国道の停止線に二輪車と描かれていますが、車を追い越してくる二輪車がいますが、これは先頭に走ってきた二輪車が止まる位置ではないのでしょうか?