YouTubeを観て「セダン」を買う若年層が急増中!? 車の買い方が変化してきた理由とは

クルマを知るきっかけが雑誌やテレビではなくYouTubeに移行

さらに気になるのは、マツダ3をどこで知って、興味を持ったかです。

 昔は若い人達が電車の中でいろいろな雑誌を読んでいましたが、いまではほとんど見かけません。自動車専門誌の読者年齢も高齢化しています。

 インターネットでメーカーのサイトにアクセスすることはできますが、クルマに興味がなければ、わざわざ観ないでしょう。この点も開発者に尋ねました。

「マツダ3セダン」
「マツダ3セダン」

「マツダ3を購入された若いお客さまが、最初にどこで知ったのかをアンケートで尋ねると、動画サイトのYouTubeという返答が意外に多かったです。『あなたへのおすすめ』といった推奨動画を観たようです。

 しかも観られた動画の多くは、メーカーが販売促進を目的に製作したものではありません。個人のお客さまがマツダ3を購入されてYouTubeにアップしたり、販売店の試乗車を借りて撮影したものが多いといいます。

 これらの動画を観たことをきっかけに、マツダ3に興味を持たれ、最終的には購入されたお客さまがいます」

 YouTubeの「あなたへのおすすめ」には、閲覧した動画に関係した内容が表示されます。従ってそのユーザーがクルマ関連のサイトを観ていた可能性もありますが、マツダ3に出会うのは、YouTubeで推奨されたのが初めてだったのでしょう。

 先の開発者のコメントにあった、「個人のお客さまがYouTubeにアップしたり、販売店の試乗車を借りて撮影したものが多いようです」というのも興味深いです。

 メーカーが販売促進のために製作した動画ではなく、ユーザー目線で作られたものの方が、本音が分かって共感も得られるのでしょう。

 このあたりをメーカーの広報部や宣伝部のスタッフは、どのように受け止めているのでしょうか。

「かつての情報発信は、方法が限られていました。新聞の広告とTVのCM、一般誌やクルマ雑誌の記事と広告という具合です。

 ところがいまは違います。TVや新聞などの既存メディアは、視聴者や読者を減らしている一方で、ツイッターやフェイスブック、YouTubeなど、お客さま自身が発信できるメディアから情報を得るケースが多くなっています。

 昔に比べると、商品とお客さまを結ぶ接点が膨大に増えて、多種多様の情報発信が求められるようになりました」

 ツイッターやYouTubeのように媒体が増えると、発信する人達もメーカーや販売会社に限らず一般ユーザーが多くなります。

 メーカーや販売会社から発信される内容は、販売促進が目的だから欠点は一切語られませんが、個人であれば着眼点はさまざまです。自分の好みに合ったサイトを見つけて、そこから情報を得るユーザーも増えているのでしょう。

※ ※ ※

 昔もTVのカッコイイCMを観て、新型車に興味を持ったり、クルマを好きになることがありました。

 かつてと違うのは、情報を扱う媒体の多様化です。昔の媒体はすべて大掛かりだったので、個人では成り立たず、情報発信は出版社や広告代理が掌握する一種の既得権益でもありました。

 それにしてもYouTubeのような媒体を通じて、クルマを好きになるユーザーが増えれば、それはとても良いことです。何かをきっかけに、興味を持つことには変わりはありません。

 マツダ3のように、YouTubeで一般の人がアップした動画を観て、それがきっかけでクルマを購入する人は今後も増えていくのかもしれません。

【画像】YouTubeで気になった人が続出!セダンの代表格「マツダ3」って?(35枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 渡辺陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を得意とする。

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ミニバンにSUVはセダンを増築した単に不安定な乗り物なんだけど、どうしても車内の広さを優先する傾向があるよね
    チャイルドシートに子供を固定せずに事故に至ったケースではミニバンの車内の広さが災いして死亡率が高いことを誰も言わないからね。
    セダンの3BOXのボンネットやトランクのスペースは衝撃を吸収するスペースであることも中々理解されてないしね。
    それとセダンの形状は空力に優れているので後ろで風を巻き込まないのでリヤワイパーも装備されてない車が大半だよね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー