走る伝説! ランボルギーニ「カウンタック」は本当に時速300キロも出たのか

夢の時速300キロオーバー! しかし実際には…。ランボルギーニ「カウンタック」の最高速度300キロ伝説に迫る!

公称値は309km/hも、実は298km/hが最速?

 いまやハイパフォーマンスカーの登竜門ともいえる最高速度300km/h。はじめてその領域に達したクルマのひとつがランボルギーニ「カウンタック」です。

 しかし、実際には300km/hオーバーはできなかったといわれますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

スーパーカーといえばランボルギーニ「カウンタック」! 夢の時速300キロは出たのでしょうか。
スーパーカーといえばランボルギーニ「カウンタック」! 夢の時速300キロは出たのでしょうか。

 世界には、さまざまなにハイパフォーマンスカーがありますが、カウンタックほど「スーパーカー」という言葉が似合うクルマはありません。

 カウンタックがスーパーカーの代名詞となり得たのは、その強烈なスタイリングや官能的な音はもちろんですが、最高速300km/hオーバーという、未知の領域に迫ったことが大きな理由のひとつでしょう。

 いまでこそ4ドアサルーンやSUVでも最高速300km/hオーバーのモデルがありますが、カウンタックが登場した1970年代にはそれほどのスペックをもった市販車は、フェラーリ「365GT4BB」以外ほぼありませんでした。

 300km/hという最高速については、そのキリの良さから現在でもハイパフォーマンスカーの基準のひとつとなっています。

 しかし、当然ですが、日本国内ではサーキットなどのクローズド環境を除いて、それほどのスピードを出せる環境は存在しません。つまり、ほとんどすべての人が、300km/hを超える世界を体験したことがないといえます。

 それはカウンタックにも当てはまります。現在、ランボルギーニは第1世代であるカウンタック LP400について、309km/hが最高速度であったと発表しています。

 LP400には、同じくランボルギーニの名車であるミウラに搭載されていた4リッターV型12気筒エンジンが採用されており、最高出力は375馬力で、わずか5.4秒の早さで100km/hに到達するとされています。

 しかし、1978年にドイツの有名自動車雑誌「Auto, Motor und Sport」が実車を用いてテストしたところ、LP400は288km/hまでしか到達しなかったことが明らかになりました。なお、0-100km/h加速については公称値通り5.4秒でした。

 その後カウンタックは改良を重ね、LP400の改良版である「LP400S」、4バルブの5.2リッターエンジンへと大排気量化した「5000クアトロバルボーレ」、そして、最終型である「25thアニバーサリー」といったモデルが発表されました。

 しかし、上述の「Auto, Motor und Sport」のテストによると、最終型の25thアニバーサリーであっても、最高速度は298km/hだったといいます。

 もちろん、計測時の天候や路面状況などに左右される部分もあると思いますが、おそらく300km/hを超えることは難しかったのではないかと推測されます。では、なぜカウンタックは300km/hオーバーというイメージが浸透したのでしょうか。

【画像】全部わかる?「カウンタック」と同時期に活躍したスーパーカー(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 文中【カウンタックが登場した1970年代にはそれほどのスペックをもった市販車は、フェラーリ「356GT4BB」以外ほぼありませんでした。】
    356なんてないよ。365だろ!恥ずかしい間違いだな。

    • このたびはご指摘いただき、誠にありがとうございます。
      一部修正いたしました。

  2. 興味深い記事ですね!私はポルシェの初期モデルに乗っていますが、3連キャブレターの調整は中々難しいです。増して当時の12気筒なんて、3連が4基も有る訳ですから、300㎞を出す為には、最高のセッティングが求められるでしょう。そう考えると、現代のスーパーカーは、楽々と300㎞を越える事が出来る性能を持っているので、本当に凄いと思います。