走りのSUV、アルファロメオ「ステルヴィオ」 装備充実したスポーツパッケージを改良

FCAジャパンは、アルファロメオブランドのプレミアムSUV「Stelvio(ステルヴィオ)」に設定される主力グレードの「スポーツパッケージ」に改良を施し、「ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4スポーツパッケージ」ならびに「ステルヴィオ 2.0ターボ Q4スポーツパッケージ」の2モデルを2019年12月7日より販売します。

装備が充実されたのに車両価格は競争力のある設定

 FCAジャパンは、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」の主力グレード「スポーツパッケージ」を改良、「ステルヴィオ2.2ターボディーゼル Q4スポーツパッケージ」、「ステルヴィオ 2.0ターボ Q4スポーツパッケージ」として2019年12月7日より販売します。

アルファロメオ「ステルヴィオ」スポーツパッケージ
アルファロメオ「ステルヴィオ」スポーツパッケージ

 ディーゼルモデルのステルヴィオ2.2ターボディーゼル Q4スポーツパッケージが666万円(消費税込、以下同様)、ガソリンモデルのステルヴィオ 2.0ターボ Q4スポーツパッケージが699万円です。

 ステルヴィオは、4ドアセダン「ジュリア」に次いで、アルファロメオの新世代モデル第2弾となるプレミアムSUVで、2016年のロサンゼルスオートショーで世界初公開されました。

 日本では2018年7月に「ファーストエディション」が400台限定で上陸。2リッター直列4気筒ガソリンターボ搭載モデルのほか、3リッターV型6気筒ツインターボ搭載のハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」や、2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボ搭載モデルがあります。

 ジュリア譲りのスポーティなハンドリングを誇るアルファロメオらしい走りのSUVとして、幅広い層に支持されるステルヴィオですが、なかでもスポーツパッケージはスポーティな装いと装備が好評を博しているといいます。

 今回、そのスポーツパッケージの仕様を充実するとともに、新たにディーゼルモデルにもスポーツパッケージが設定されました。

 スポーツパッケージの変更点は、新たにブラックルーフレールを追加。さらにウインドウモールディングをクロームタイプからブラックに変更しています。

 スポーツパッケージとベースモデルの違いは、ルーフレールの有無のほか、スポーツパケージには19インチアルミホイールおよびレッドキャリパー付きスポーツブレーキが備わり、室内にはスポーツレザーステアリング、スポーツレザーシート、レザーダッシュボード/ドアパネル、Harman/Kardon製のプレミアムオーディオシステム、LEDアンビエントライティングなどが装備されます。

アルファらしいスポーツ性能! 走りのSUV「ステルヴィオ」を画像で見る(8枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ろくにトレッドも広げずに車高ばかりを高くして横転の危険が増すだけだろに
    自転車を屋根に乗せたり車検証の記載を越すような付属品を付けたり事故で二次被害を誘発するだけで何にもいいことないに
    何でも脱着可能な付属品は車枠に含まないと言うアホな法律がSUVの在り方を誤解させちまってるんだよね。
    選挙カーの看板が桁下オーバーでガードにヒットしたとかあったでしょ
    自分の運転する車を頭の中で画像で浮かべられないアホばかりが車に乗るからこーなるし背高な車が売れるだけの話で製品の評論の価する産物なんて無いけどね