トヨタ「カローラ」はオジサン車から脱却!? スポーティになった新型が若者ウケを狙う理由

2019年9月にフルモデルチェンジしたトヨタ「カローラ」は、スポーティなデザインやボディの拡大などにより、若々しいスタイルに一新されました。これまではおじさんが乗るクルマというイメージが強く、購入者も高齢層が多かったのですが、新型カローラはなぜ若返ったのでしょうか。

日本とグローバルで違う「カローラ」のイメージ

 2019年9月17日より新型となったトヨタ「カローラ」の販売が開始されました。

 発売から1か月でのカローラシリーズ全体の受注は、約2万2000台(カローラ約5400台、ツーリング約1万3700台、スポーツ約3000台)を記録。2018年9月の月販(8732台)の2.5倍という好調な滑り出しとなっています。

新型「カローラツーリング」
新型「カローラツーリング」

 新型カローラの特徴は、スポーティなデザインとボディサイズが拡大して3ナンバーになったことでしょう。また、コネクティッド機能の充実もポイントのひとつです。

 正直、おじさん向けのイメージが強かった従来の「カローラ」とは違って、新型は若々しく生まれ変わりました。

 これまでよりも若い人に向けてイメージチェンジを図っているように思われますが、なぜ、カローラは新型になって若返ったのでしょうか。

 ひとつめの理由は、従来のユーザーの高齢化でしょう。

 2019年1月から9月に販売された従来型の内訳を調べてみると、セダンボディの「カローラアクシオ」の販売のうち、個人購入の3分の2が男性です。セダンの購入者の年齢では、30代以下はわずかに5%、60代以外が75%も占めています。

 同じようにステーションワゴンの「カローラフィールダー」の購入者は4分の3が男性で、30代以下は20%、40代から50代が40%、60代以上も40%でした。

 そのため、カローラ全体の個人購買層の平均年齢は60代以上といわれていました。この先も長くカローラを販売していこうというのであれば、当然、若い世代の購買層の獲得は必須となります。

 ちなみに、カローラの購買層が高齢化した理由は、日本市場への最適化です。じつのところ、世界市場で販売されるカローラと日本市場向けのカローラは仕様が異なっていました。

 新型カローラシリーズの開発を担当したチーフエンジニアの上田泰史氏は、次のようにコメントしています。

「カローラは、常にその時代のお客さまのニーズ、地域のニーズに合わせ、変えることをいとわず開発してきたクルマです。そんなカローラだからこそ、世界で、日本で、多くのお客さまに永く愛されてきました。

 新型カローラシリーズは、『TNGAプラットフォームを採用し、スポーティなデザインと気持ちの良い走り』でお客さまの期待を超え、『先進の安全装備、コネクティッド』で、豊かで安全・安心なカーライフをサポートします」

※ ※ ※

 日本で販売されるカローラは、数世代前から、日本専用モデルが用意されていました。日本のユーザーは、カローラの過去50年にわたる栄光の歴史とともに歩んできた高齢者たちです。

 一方、世界市場でカローラを購入するのは、新たにクルマに接するという人たちが多いです。ASEANでのカローラは高級車であり、中国でのカローラは「レビン」を用意したように、若者向けのクルマとなっているのです。

脱オジサン化!? カッコよく生まれ変わったカローラを画像でチェック(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント