なぜトヨタは華あるF1ではなくラリー参戦? 苦戦続いた欧州市場も好調な理由に「WRC」?

トヨタは、ほかの日本メーカーが苦戦しているヨーロッパ市場において2019年現在も好調を維持していますが、そこにはトヨタがおこなっているモータースポーツ活動が良い影響を与えているといいます。いったい、どういう状況なのでしょうか。

トヨタがヨーロッパ市場「一人勝ち」の要因とは

 ヨーロッパ市場で日本車勢が軒並み大苦戦しています。ホンダやスバルなど、撤退した方がいいんじゃないかと思えるくらい厳しいです。そんな状況のなか、一人勝ち状態なのはトヨタです。なぜトヨタはヨーロッパ市場で好調なのでしょうか。

WRC2019年第11戦トルコに参戦するトヨタ「ヤリス WRC」
WRC2019年第11戦トルコに参戦するトヨタ「ヤリス WRC」

 たとえば、イギリス市場における2019年1月から8月までの販売台数と、昨年2018年1月から8月までの販売台数を比べると、全体で-3.4%になります。イギリスはやや景気悪いです。

 フォードやアウディなども、前年より10%近く販売台数を落としています。日産も-10%。ホンダなど-17%というから厳しい状況です。そんななか、トヨタは+3.6%と販売台数を伸ばしてます。

 フランスも全体で3%の減少になっており、日産は-44%の一方、トヨタは6.2%のプラス。ヨーロッパ全域でトヨタがシェアを伸ばしているという感じです。

 このような状況について、ヨーロッパのメディアやジャーナリスト達に聞くと「WRC(世界ラリー選手権)で存在感を見せているからでしょうね」と口を揃えていいます。

 以前から「ヨーロッパで大衆車を売るなら、売っているクルマでラリーに出場して、性能をアピールしなければダメ」といわれてきました。考えてみれば、日本車も以前はヨーロッパ進出にあたりラリーを重視していたと思います。

 日産や三菱は、早い時期からサファリラリーに出場していたうえ、トヨタも2代目「カローラ」の時代にヨーロッパでラリー活動を始めました。スバルがヨーロッパで驚くほど売れたのは、1990年代にWRCで勝ちまくったからです。

 WRCを含めラリーは基本的に市販車両で競う競技のため、強ければ「良いクルマ」というイメージを作れます。

 F1やル・マン耐久レースといったレース専用車両でおこなわれる競技もブランドイメージを作れますが、どちらかといえば高額ブランドの技術勝負のようなものです。F1の技術を使ったクルマを買えるワケではありません。

 またF1を見に行こうとしても入場券が高く、気軽には見られない。普通のクルマを売ろうとしたらWRCなんだと思います。

かっこよすぎるヴィッツ現る!! 大活躍するトヨタの「ヤリス WRC」(画像30枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント