初代「デミオ」登場から23年 最新プレミアムコンパクト「マツダ2」は激変したか!?

国内でもマツダ「デミオ」が「マツダ2」へと車名が変わりました。デミオの初代モデルは実用性を重視した、小型のトールワゴンでしたが、マツダ2はどんな変貌を遂げたのでしょうか。初代デミオと最新のマツダ2を紹介します。

シンプルな小型ワゴンからプレミアムコンパクトへ

 初代マツダ「デミオ」が登場したのは1996年です。日本のバブル経済崩壊後、消費が鈍くなっていたマーケットに、シンプルで実用性の高いコンパクトカーを低価格で供給するために開発されました。

新世代のコンパクトカーとしてデビューした初代「デミオ」
新世代のコンパクトカーとしてデビューした初代「デミオ」

 コンパクトなボディサイズながら大人4名乗車でもゆとりある室内空間や、多彩なシートアレンジによる使い勝手のよさ、実用上十分な性能を持つエンジンを搭載するなど、コンパクトカーの王道をいくクルマでした。

 初代デミオはフォード「フェスティバ」をベースとしていたことで、海外では「Mazda 121」として販売がされました。その後、世界で販売されるフォード「フィエスタ」とプラットフォームを共通とする2代目からは、121の発展車種として「Mazda 2」の名前が与えられます。

 そして2019年7月、マイナーチェンジに併せ、日本国内向けの車名もデミオから「マツダ2」にあらためると発表したことで話題となりました。

 そこで、デミオの初代モデルと最新のマツダ2、それぞれの特徴を紹介します。

●実用性重視の潔さと低コストで人気となった初代「デミオ」

使い勝手のよい低価格なベーシックカーだった初代「デミオ」
使い勝手のよい低価格なベーシックカーだった初代「デミオ」

 1996年にデビューしたマツダ「デミオ」は、同社が製造していたフォード「フェスティバ」のコンポーネンツを流用して、短期間・低コストで開発した小型ステーションワゴンです。

 市街地などを走る日常ユースから、荷物を積み込んで出かける週末のレジャーまで、幅広い生活の場面で多彩な使い方ができることを目指した「マルチパーパスコンパクト」がコンセプトでした。

 全長3800mm×全幅1650mm×全高1500mm(ルーフレール付きは1535mm)のボディは、ルーフラインを水平基調にデザインすることで、後部座席のヘッドクリアランスも十分に確保し、大人4名乗車でも窮屈にならない広い室内空間を実現しています。

 また、シートをフルフラットにすることも可能で、リアシートを倒して荷室を拡大すれば、高い収容力も持っていました。

 エンジンは最高出力100馬力の1.5リッター直列4気筒、または83馬力の1.3リッター直列4気筒を搭載。実用には十分な性能を備えており、組み合わされるトランスミッションは5速MTと4速AT(1.3リッター車は3速AT)が選べ、駆動方式はFFのみです。

 移動という目的を果たすための手段として、デミオは日常でも週末のレジャーでも不満がなく、中級クラスのクルマからの乗り換えや、運転のしやすさもあって軽自動車からの乗り換えなど、幅広い層に受け入れられました。

 ちなみに初代デミオは、当時のフォードブランドの販売チャネル「オートラマ」から、フォード「フェスティバミニワゴン」としても販売していました。

歴代「デミオ」と上質なコンパクトカーの「マツダ2」を画像でチェック(12枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント