趣味にも使える働く車! 一般ユーザーも欲しくなる魅力的な国産商用バン3選

ユーザーがクルマを選ぶ決め手はさまざまですが、なかには積載性の高さから商用車を買う人もいます。趣味に使いやすいクルマ3車種をピックアップして紹介します。

趣味にクルマをフル活用したい人におすすめの車種はとは……?

 ユーザーがクルマを買う動機にはさまざまなものがありますが、なかには「趣味のため」という人も少なからず存在します。そういった目的のためにクルマを使うのであれば、乗用車ではなくあえて商用車を買うのも、ひとつの手です。

 そこで、趣味や遊びに活かしやすい商用車を3台紹介します。

●ホンダ「N-VAN」

ホンダ「N-VAN」
ホンダ「N-VAN」

 一般的に商用車はひとつのモデルが長期間にわたって販売され続けることが多く、フルモデルチェンジや新規車種はなかなか登場しません。

 そんななか、2018年7月にホンダからホンダから新規車種として登場した軽商用車がホンダ「N-VAN」です。

 N-VANはホンダの軽自動車群「Nシリーズ」唯一の商用車としてラインナップされています。

 助手席側のフロントドア/リアドアの間の柱(センターピラー)をドアに内蔵することでピラーレスとし、積載性や乗降性の向上が図られていることが特徴です。

 荷物を助手席側スライドドアから積むことも可能となっています。

 また「センタータンクレイアウト」などのホンダの低床化技術が盛り込まれ、フラットな荷室を実現。荷物の積みやすさに寄与しているほか、マットレスや寝袋を組み合わせて車中泊にも活用できます。

 軽自動車なので維持費も安く、商用ユースだけでなく趣味ユースにも向いています。

●日産「e-NV200」

環境にやさしく非常時にも活躍する「e-NV200」
環境にやさしく非常時にも活躍する「e-NV200」

 日産がビジネスバンとして2009年から発売している商用車が「NV200バネット」で、それをベースに電気自動車化したクルマが「e-NV200」です。

 パワートレインには、同社を代表する電気自動車として知られる「リーフ」の先代モデルのパワートレインが採用されています。

 走りは「リーフ」同様、発進加速性能に優れていて、また静粛性も高いレベルです。

 商用車に求められる積載性も、500kgから550kgの最大積載量を確保していて、荷室容積は3500リッターとなっています。

 また、電気自動車であるメリットを活かして、100Vのコンセントが2個装備されています。最大で1500Wの給電が可能となっていて、車中泊ユースにおいても幅広い電化製品を使用することが可能です。

普段使いもOK!たくさん乗りたくなる商用車を写真で見る(19枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事