ランエボのエンジンをミニバンに搭載!? 大パワーの高性能ミニバン5選

ミニバンといえば家族や荷物を満載してゆったり走るもの、と認識してしまいがちですが、その気になれば背の高さのハンデを感じさせず、パワーもあって驚くほどの走行性を持つものもあります。そこで、ハイパワーなミニバンを5車種紹介します。

ミニバンだけど、パワーがすごい!

 1990年代からのステーションワゴンブームがひと段落すると、室内が広く荷物も多く詰めるミニバンの人気が高まりました。

かつてはミニバンでもパワー競争があった!?
かつてはミニバンでもパワー競争があった!?

 かつては、1BOX(ワンボックス)と呼ばれていたエンジンがキャビンの下にある商用バンをベースに、乗用車化したものが主流でしたが、前面衝突時の安全確保の観点などから現在ではフロントにエンジンがレイアウトされたものがほとんどです。

 ボディサイズは取り回しのしやすいコンパクトなものや、装備が充実して大きさも価格も高級車並みのモデルまでさまざまですが、ミニバンは家族連れでドライブや買い物を楽しむユーザーに広く受け入れられています。

 最近では、余裕ある走りのためにターボエンジンやハイブリッドも増えましたが、なかにはミニバンにこれほどパワーが必要なのか、と思ってしまうようなクルマもあります。

 そこで、大パワーなエンジンを搭載した高性能ミニバンを、新旧合わせて5車種紹介します。

●日産「エルグランド 350ハイウェイスター」280馬力

高級ミニバンの日産「エルグランド」は「Z33型 フェアレディZ」と共通のエンジンを搭載
高級ミニバンの日産「エルグランド」は「Z33型 フェアレディZ」と共通のエンジンを搭載

 1997年に発売された日産「エルグランド」は、広い室内空間とモダンなインテリアで人気となったワンボックス型の最高級ミニバンです。

 トップグレードには本革シート、オートスライドドアなどを装備し、電子制御サスペンションやツインモニターTVなどもオプションで用意するなど、快適な移動空間として好調な販売実績を残しました。

 初代は商用バンの派生車種ということで、商用車の名残も感じられましたが、2代目では両側スライドドアの採用や、オーテックジャパンの手による別仕様車「ライダー)」や「VIP仕様車」などを投入し、高級ミニバンらしさを演出。

 2010年に駆動方式がFRからFFになった3代目エルグランドが登場。FFベースとなったことで室内の低床化が可能になり、2代目よりも全長と全幅を拡大したことと合わせて、室内空間はさらに広く快適になっています。

 そしてエンジンも3.5リッターV型6気筒DOHCで、最高出力280馬力/最大トルク35.1kgmと大パワーのユニットを搭載。エクストロニックCVT-M6(6速マニュアルモード付無段変速機)を介して、車両重量2000kgのボディをグイグイと加速させ、高速道路での追越し加速などもストレスを感じることがないほどです。

●ホンダ「エリシオン プレステージ」300馬力

ホンダの高級ミニバン「エリシオン」は「レジェンド」のエンジンを搭載
ホンダの高級ミニバン「エリシオン」は「レジェンド」のエンジンを搭載

 2004年に発売されたホンダ「エリシオン」も日産「エルグランド」と同様に、広い室内空間を持った高級ミニバンでした。

 新開発された低床プラットフォームは「オデッセイ」よりも大きな全長/全幅であっても安定した操縦安定性を持っていました。

 デビュー時にラインナップされていた最高出力250馬力の3リッターV型6気筒SOHCエンジンは余裕の走りを見せてくれましたが、160馬力の2.4リッター直列4気筒DOHCエンジン搭載のベーシックグレードでも何不自由なく走らせることが可能でした。

 さらに2007年追加の「PRESTIGE(プレステージ)」では、同時期の「レジェンド」と同じ3.5リッターV型6気筒SOHCエンジンを搭載し、そのスペックは最高出力300馬力/最大トルク36.0kgmで、1940kgの車重(PRESTIGE SG・FF)を感じさせない程に軽やかに走らせ、一見すると大人しそうな外観に反して国内ミニバン最速といわれました。

 残念ながらエリシオンは2013年に国内販売を終了してしまいましたが、2代目エリシオンは控えめな2.4リッターエンジンを搭載して、5代目オデッセイの兄弟車として、いまも中国で販売されています。

●トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」301馬力

見た目だけでなく走りも強面なトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」
見た目だけでなく走りも強面なトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」

 2008年に発売された大型高級ミニバンのトヨタ「アルファード」と「ヴェルファイア」は、シャシや室内装備などを共通化した兄弟車です。

 アルファードが上品さを売りにしているのに対して、ヴェルファイアは力強さを感じさせる外観で、若い世代にも人気があります。

 アルファードの2018年内の販売数は前年比139.1%と好調で、2018年10月の改良では、パーキングサポートブレーキである「インテリジェントクリアランスソナー」も全車標準装備になっています。

 システム最高出力197馬力の2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド「E-Four」(電気式4WD)も魅力的ですが、3.5リッターV型6気筒DOHCエンジンを搭載するグレードは、最高出力301馬力/最大トルク36.8kgmと強力で、「ダイレクトシフト8AT」(8速AT)を介して車両重量2150kgのボディを物ともしない走りを実現しています。

ミニバンにF1のエンジンを搭載!!高性能ミニバンを画像でチェック(16枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント