人気ミニバン、セレナとヴォクシー買うならどっち? サイズ感や使い勝手、燃費をチェック!

国内のミニバン市場で人気なのが日産「セレナ」とトヨタ「ヴォクシー」です。ミドルサイズのミニバンでは、販売台数1位、2位を争う両車ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

人気ミニバンのセレナとヴォクシーは何が違う?

 ファミリー層を中心に依然として人気の高いミニバン。数あるモデルのなかで、登録車販売台数の上位を争っているのが、日産「セレナ」とトヨタ「ヴォクシー」です。
 
 どちらも、ミドルサイズミニバンを代表するモデルですが、どのような違いがあるのでしょうか。

ミニバン市場で人気の高い日産「セレナ e-POWER」
ミニバン市場で人気の高い日産「セレナ e-POWER」

 2019年上半期(1月から6月)の販売台数ランキングでは、セレナが4位の5万3662台。対するヴォクシーは7位の4万7834台です。

 初代セレナは、1991年に発売されました。日産の商用車「バネット」の乗用モデルだった「バネットコーチ」の後継車として登場。現在まで、5代続く日産のヒットモデルです。発売当初は、5ナンバーサイズのコンパクトボディが特徴でしたが、代が進むにつれラグジュアリー性も追求。現行モデルでは、ラグジュアリー性と利便性、そして環境性を兼ね備えており、2018年の年間販売台数でもミニバンジャンルで1位を記録するほどの人気車種です。

 一方のヴォクシーは、トヨタが過去に販売していた「ライトエースノア」の後継として2001年に登場。現在まで、3代続くトヨタを代表するミニバンです。

 現在姉妹車として、ヴォクシーに比べて落ち着いたデザインの「ノア」やよりラグジュアリーな「エスクァイア」がラインナップされています。

 両車のボディサイズは、グレードにより差異はありますが、一番小さい値でセレナが全長4690mm×全幅1695mm×全高1865mm。ヴォクシーは、全長4695mm×全幅1695mm×全高1825mmで、ほぼ一緒です。

 また、ミニバンを運転する際に気になる取り回しの点でも、最小回転半径は、セレナとヴォクシーはともに5.5mです。(セレナの一部グレードは5.7m)

 室内寸法では一番大きな値で、セレナが室内長3240mm×室内幅1545mm×室内高1400mm。ヴォクシーは室内長2930mm×室内幅1540mm×室内高1400mmとなり、セレナの方が室内に若干の余裕があります。

 乗車定員については、どちらも7人または8人乗りで、環境性能を考慮した「セレナ e-POWER」と「ヴォクシー ハイブリッド」はどちらも7人乗りです。

 また、細かな部分では、簡易式テーブルやスマホなどの充電に便利なUSBポートなどの装備に違いがあります。

 先進安全運転支援機能では、両車ともに衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置といった機能を標準装備。

 また、セレナは上空から見下ろしているかのような映像をモニターで確認できる「アラウンドビューモニター」や高速道路でのドライバー負担を軽減する「プロパイロット」などをオプションで設定しています。

買うならどっち? 日産「セレナ」とトヨタ「ヴォクシー」の違いを画像でチェック!(31枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント