マユ毛コアラみたいでカワイイ! ホンダ新型「N-WGN」の実力は?

ホンダは、2019年7月18日に軽乗用車「N-WGN」をフルモデルチェンジし、発売は同年8月9日です。国内の新車販売で「N-BOX」が1位独走中のホンダから発売される、注目の新型軽乗用車です。

国内の新車販売で1位独走中のホンダが手がける新型軽乗用車

 ホンダの新型「N-WGN」(エヌ-ワゴン)は、2019年8月9日に発売される軽自動車。N-WGNの特徴は、ウインカーランプがマユ毛のように見えて、カワイイ顔が印象的なクルマです。

マユ毛コアラみたいでカワイイ「N-WGN」を1分動画チェック

 N-WGNは、2013年に登場。ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の一台で、国内の新車販売で1位を独走している「N-BOX」は、いわば「お兄さん」にあたります。

 N-BOXもN-WGNも大まかには「軽ハイトワゴン」に分類されますが、N-BOXは四角いボディで背が高く、後ろのドアはスライドドアで、軽自動車版「ミニバン」のようなイメージのクルマ。対して、N-WGNはそこまで背は高くなく、後ろのドアもヒンジドア。軽自動車版のワゴンや乗用車のようなイメージです。

 N-WGNは、今回が初めてのフルモデルチェンジ。ノーマルとカスタムの2モデルがあり、ノーマルモデルは丸いヘッドライトで親しみやすいデザイン。一方、カスタムモデルは、スクエア基調のデザインで力強さを表現しています。

 どちらもヘッドライトの上にウインカーランプを配置し、マユ毛のように見えてかわいらしい印象です。丸目に太マユのノーマルモデルは、マユ毛コアラみたいでかわいらしいイメージ。

 一方「カスタム」のウインカーは細長く、最近流行している「流れて光る」タイプ。「カスタム」のマユ毛は、りりしいイメージです。

新型N-WGNは、ノーマル可愛く!カスタム凛々しく!なった?

 もちろんカワイイだけでなく、中身も充実。最近の軽自動車の例にもれず、先進安全技術を搭載しています。

 ホンダの先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備。衝突の危険を予測してブレーキをかける「衝突軽減ブレーキ」、誤って急加速するのを抑える「誤発進抑制機能」、人に近づきすぎたら避けるようにする「歩行者事故低減ステアリング」、車間を保って先行車を追従する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」(渋滞追従機能付)、同一車線をキープする「車線維持支援システム」などを搭載しています。

 とくに、渋滞追従機能付きの「アダプティブ・クルーズ・コントロール」は、ホンダの軽自動車としては初採用。ノロノロ運転でも先行車を追従し、先行車が止まると合わせて停車までおこないます。

 N-BOXの「クルーズコントロール」は速度が30km/h以下になるとキャンセルされますが、新型N-WGNは停止まで制御を続けることができます。

 ほかにも、駐車でバックするとき障害物を検知する「パーキングセンサーシステム」や、停車時にブレーキペダルから足を離しても停車しつづける「オートブレーキホールド機能」といった機能も。細かいところでは、ハンドル位置を前後上下に調節できるほか、運転席の座席位置は、前後だけでなく高さの調節もすることができます。

 激戦区の軽自動車市場で、ホンダの新型N-WGNは有力な選択肢を提供する一台といえるでしょう。

可愛いノーマルと凛々しいカスタムの新型N-WGNを画像で見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント