カッコ悪かった「きのこミラー」なぜ減った? SUV・ミニバンの突起ミラーが消えた理由

昔のクルマのなかには、外側にミラーが出っ張っていたものがありました。SUVやミニバンなどでは、通称「きのこミラー」といわれるサイドアンダーミラーや、車体後方下部の死角を映すリアアンダーミラーなどです。なぜ、最近見かけなくなったのでしょうか。

フェンダーにあった「きのこミラー」もいまや懐かしき存在に

 最近のクルマでは、一昔前まで当たり前のように見かけていた機能や装備が無くなっていることがあります。その多くは、技術の進化によって必要が無くなったことで、淘汰されたのです。

 そのひとつとして、「サイドアンダーミラー」があります。ユーザーからは、きのこミラーという愛称でも呼ばれていましたが、なぜ見る機会が減ったのでしょうか。

最近見かけなくなった「サイドアンダーミラー(きのこミラー)」を装着するトヨタ「ハイラックス」

 サイドアンダーミラーとは、運転席からの死角となる左前方・側面を映すミラーとして、助手席側のフロントフェンダーに付いているものです。

 2003年に国土交通省は、クルマの視界を確保する間接視界基準の導入を決め、2005年1月1日以降の生産車からサイドアンダーミラーの取り付けが義務付けられています。

 その後、2016年6月の「間接視界基準に係る国際規則の採用」にともない、設置が義務付けられているサイドアンダーミラーと同等の視界が確保されるカメラモニタリングシステムで代用することが許可されました。

 そのため、最近のクルマではサイドビューカメラなどが取り付けられ、車内のスイッチによって任意に側面死角を確認できるようになった結果、サイドアンダーミラーを付けたクルマを見かけなくなったのです。

 サイドアンダーミラーについて、ホンダの販売店スタッフは、次のように話します。

「サイドアンダーミラーは、最近見かける機会が減りました。これは、メーカーとしてデザイン上できる限り突起物を減らしたいということで無くしているようです。

 また、最近のホンダ車では、助手席側のサイドミラーと一体になっているものが多く、N-BOXやCR-Vなどはそのタイプです。カメラタイプのものはステップワゴンなどに装備されていて、ウィンカーレバーの先端の切替えスイッチを押すと、モニターにカメラの映像が表示されるようになっています」

※ ※ ※

 サイドアンダーミラーが義務化された当時は、「きのこミラー」などといわれユーザーからは不評のようでしたが、アクティブなユーザーからは、SUVらしさがあると懐かしむ声もあるようです。

いまや絶滅危惧の「きのこミラー」やリアアンダーミラーを画像で見る(16枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 今の法規の状況を100%認知はしていませんが、昔はサイトアンダミラーやRRミラーは、欧州の部品認証にそもそも規定がなく、欧州認証取得義務国への輸出車両には規定外のミラーは装着できず車両認証が取得不可でした。欧州車には基本的に装着がありません。認証のグローバル化で、国内専用の規制や認証が、貿易障壁と取られかねない事情もあり、電装品でもOKと解釈で対応したのだと思います。