レクサス初の超高級ミニバン 新型「LM300h」を中国で発表、日本発売の可能性は?

レクサス初となるミニバン新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)を上海国際自動車ショー2019で世界初公開。新型「LM300h」は、フラッグシップセダン「LS」、フラッグシップGTクーペ「LC」、フラッグシップSUV「LX」、およびラグジュアリーヨット「LY」に続いてレクサスが発表する5番目のフラッグシップモデルです。レクサスが放つ高級ミニバンとはどんなものなのでしょうか。

レクサス新型ミニバン「LM300h」はアルヴェルベース?

 レクサスは、新しいフラッグシップミニバンとなる新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)を上海国際自動車ショー2019で世界初公開しました。

レクサス初のミニバン新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)

 2019年の上海国際自動車ショーで発表するレクサスの高級MPV(多目的車)「LM300h」は、レクサスファミリーの新しいフラッグシップモデルです。

 新型「LM300h」は、同社ラインナップのセダン「LS」、フラッグシップGTクーペ「LC」、フラッグシップSUV「LX」、そしてラグジュアリーヨット「LY」に続いて、レクサスが発表する5番目のフラッグシップモデルになります。

 ベース車となるのは、トヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。同車は、余裕のある空間と快適な乗り心地が特徴となり、日本の激化するミニバン市場においても高い人気を得ているモデルです。

 また、「アルファード/ヴェルファイア」は、中国の富裕層から人気を博していることからレクサスブランドとしても販売好調のSUVカテゴリーのほかに、柱となる新カテゴリーとして新型「LM300h」を投入したといいます。

PRレクサスLM300hのベースとなった高級ミニバン! アルファードの中古車情報はコチラ!

 レクサスは初の高級ミニバンモデル新型「LM」の投入で、新たなユーザー層獲得を狙ってブランド認知も広げたいとしています。なお、「LM」の名前について、チーフエンジニアは「ラグジュアリーミニバンの略ではなく、ラグジュアリームーバーの略です」と説明しています。

 新型「LM300h」のフロントデザインは、大型のクロムメッキスピンドルグリルや一体型LEDヘッドライト、Lデイタイムランニングライトが特徴的で、ボディ側面にも「L」クロムトリムが配置されるなど、「アルファード/ヴェルファイア」とは違った高級感を表現しています。

 内装では、2列シート仕様の4席レイアウトを実現し、「移動ツール」の概念を超えた空間を演出。後席には、スマートフォンやタブレットの接続、Blu-ray再生が可能な26インチディスプレイ搭載し、2本のワインなどを入れることができる14Lの冷蔵庫を備えるなど、まさに最高級ミニバンです。

 またレクサスは、2018年6月12日に「LM300h」と「LM350」を日本とアメリカで商標登録していますが、日本での発売は「いまのところ未定」としています。

 一方、国内のレクサス販売店スタッフは「お客様からは、ミニバンを出してほしいという声が多く、今回のミニバンについてもいくつか問合せがきています」と話していました。

 レクサスの新型ミニバン「LM300h」が日本のミニバン市場に投入されれば、注目のモデルとなることは間違いありません。

【了】

新型「LM300h」の車内は超豪華! 26インチモニターや19スピーカーまで…、詳しく見る(52枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事

コメント

たろう にコメントする コメントをキャンセル

29件のコメント

  1. レクサスエンブレムとLMのロゴつけた勘違いアルヴェル乗りが増えるんだろうな。

  2. なんとも…ただただクドいだけ(笑)

  3. 車が高いんで、車検はケチってコバックでやる。

  4. かっこい~い
    日本では発売しないのかナ~

  5. アルファードの方がかっこよい。

  6. でか、完全にボディーラインがアルファードじゃん!
    それと、何でも顔面メッシュにすれば良いと思うのはねぇ…。
    新型デリカの顔と同じで、メッシュやフィン並べりゃーいいってものではないかと。

  7. またまたのレクサス顔。
    体はアルファード。
    こんな車だったら、誰でもデザインできる。

  8. 相変わらずアッチョンブリケな顔

  9. アルファード グリル レクサス。

  10. いつも思いますが、Lのフロントマスク洗車の時楽しくってしょうが無いのでしょうか?!
    私はきっと苦痛になると思いますが?!
    Lマスク付けりゃ良いってもんじゃ無いでしょう〜!

  11. ロイヤルラウンジじゃん・・・
    ということは価格1700万くらいか?

  12. やらかしたなトヨタ

  13. 霊柩車

  14. 貨物車に最高級って馬鹿じゃないの?

  15. お前、アルファードじゃんw
    セコイ変装はやめれww

  16. ダサい❗
    オンボロレクサスの調子乗ってるガンたれ車❗
    アルファードとかベルファイアのパクり!
    馬鹿馬鹿しい❗

  17. 只のアルファードのロイヤルラウンジじゃないか?,日本国内にはずっと前から市場に出回ってるよ

  18. 目を覆いたくなるひどいデザイン。
    正に台所が走っているイメージ。
    中国人の成金が好むのでしょう。

  19. なんだ、ちょっとがっかりした。
    誰かを、後部座席に載せて、運搬するような車じゃないか。
    家族で使えそうもない。また、個人でこの車をドライブするは、楽しくなさそう。
    頭でしたときなどは、後部座席をリクライニングしてくつろいだり寝たりするには可能だが、面白みがまったくない。豪華なのは椅子だけみたいな感じですね。ドア外側のぬめっとした感じも、デザイン的にはエレガントさもないし、なんだかハイエースぽっさがある。
     これは完全に、運転手を雇ってのるような車ですね。ハイヤーや高級ホテルが要人の送り迎えに使うというニーズには対応できますが、個人では買わない。
     

  20. アルベルとの共通性が外観デザインで透けて見えちゃったら興ざめされちゃうんじゃないの?
    消費者はその辺まで理解できないって踏んでる?

  21. 品のない運転手がまた増えそう。

  22. ニコイチ?

  23. 中身まんまロイヤルラウンジだな

  24. お仕舞だ

  25. いろんな意味で最高!!!

  26. トヨタにはデザイナーはいないのかな。

    これは本当に市販しちゃダメだと思う。

  27. はっきり言って車に遊び心を感じる人が乗る車ではないと思います。金のある成金が購入する車でしょう。車を作る職人が腕をひけらかすようだと結局どんな夢を売りたかったのかわからなくなると思います。一度乗ったら飽きてしまわれる可能性もあります。
    高級マンションのモデルルームは見学会で高級感に目を奪われてすごいと感嘆しますが、ホテル泊りをするわけでもない人は1週間すれば高級というのが薄れてただの冷たい空間を覚える可能性もあります。そういう感覚の車かもしれません。

  28. 手抜きとしか思えない

  29. トヨタ車の、このグリルの不細工さは、恥ずかしい問いか言いようがない。
    ソアラ2台、セルシオ初代から今は前型アルファード、現ハリアーに乗り継いできているが、早くこのグリルから脱却してもらわないと、トヨタとはお別れする予定。