昭和の少年が夢中になった名車たち スーパーカー5選

いまから40年以上も前、昭和の時代に日本では空前のスーパーカーブームがありました。イタリアやドイツ、イギリスのメーカーが作ったスーパーカーに多くの少年たちが目を輝かせました。そこで、昭和の少年たちが熱狂したスーパーカー5車種をピックアップして紹介します。

非日常的なことがスーパーカーの証だった

 2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、30年続いた平成も残りわずかとなりました。

スーパーカーブームを代表するクルマといえば「カウンタック」でしょう

 その平成のさらに前、昭和の時代に小中学生を中心に「スーパーカー」が一大ブームになったことがあり、これが世にいう「スーパーカーブーム」です。

 スーパーカーの定義はさまざまな意見がありますが、共通しているのは非日常的な前衛的なスタイルに、高性能なエンジンを搭載したクルマでした。

 そこで、昭和の少年たちが熱狂したスーパーカー5車種をピックアップして紹介します。

●ロータス「ヨーロッパ」

スペックよりもスタイルでスーパーカー認定されたロータス「ヨーロッパ」

 ロータスは天才技術者コーリン・チャップマンが、イギリスでバックヤードビルダー(裏庭でクルマを作ったりチューニングする)を経て作ったスポーツカーメーカーです。

 後にF1マシンまで作るほどの高い技術力を持っていたロータスは、高性能なクルマも数多く生み出しましたが、その1台が「ロータスヨーロッパ」でした。

 日本ではスーパーカーブームの火付け役となった「サーキットの狼」の主人公が、このロータスヨーロッパに乗っていて、必然的に少年たちの憧れの的になります。

 なかでも1972年に発売された1.6リッターDOHCエンジン(ビッグバルブのロータスツインカム)を搭載するシリーズ最後の「ロータスヨーロッパ スペシャル」は、その地を這うようなスタイルも完成形の域に達し、イギリスを代表するスーパーカーでした。

●ランチア「ストラトス」

レースで勝つことだけを目的に設計されたストイックなマシン「ストラトス」

 戦前から先進的でユニークなクルマを作っていたイタリアのランチアは、1970年代以降はモータースポーツで活躍するスポーツカーメーカーとして名を馳せます。

 とくにスーパーカーとして注目されたのが1974年製造のランチア「ストラトス」でした。ストラトスはカロッツェリア・ベルトーネによってデザインされ、モータースポーツで勝つことだけを目的に作られた生粋のスポーツカーです。

 エンジンはフェラーリ製の2.4リッターV型6気筒をミッドシップに搭載し、リアタイヤを駆動するMRに。世界ラリー選手権を中心に数年間に渡って活躍します。

 当時のラリーカーのなかでも異彩を放つスタイルのストラトスは、多くの少年たちを魅了しました。

 ストラトスはいまも世界的に人気が高く、いくつものレプリカが作られ、2019年2月にはイギリスのメーカーが作ったレプリカが日本でもお披露目されました。

●ポルシェ「930ターボ」

当時は十分にスーパーカーとして見られていた「930ターボ」

「911」は50年以上前にデビューしたポルシェを代表するスポーツカーです。いまの911はあらゆる性能が高度に進化していますが、スーパーカーのカテゴリーに入ることはないでしょう。

 しかし、1975年に発売された「930ターボ」(後に911ターボに改名)は、紛れもないスーパーカーでした。

 911シリーズは1974年に大きな転機となるモデルチェンジがありました。いわゆる「ビッグバンパー」と呼ばれるアメリカの安全基準に適合した変更です。そして、911のもうひとつの歴史的な転機は、1975年の930ターボの発売ではないでしょうか。

 これまでレースで培ったターボの技術を初めて市販車に投入。ポルシェとしては930ターボを高性能なだけではなく高級なスポーツカーとして企画したといいます。

 流麗な911のボディに、大きく張り出した前後のフェンダーと巨大なリアスポイラーを装着したスタイルは、当時の国産車ではありえない、まさにスーパーカーと呼ぶにふさわしいものに。

 3リッター空冷水平対向6気筒ターボエンジンは260馬力を発揮し、いまとなっては平凡な値ですが、当時の国産車の水準からすると驚異的なパワーでした。

昭和の少年を夢中にさせたスーパーカーを画像でチェック(25枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント