• くるまのニュース
  • 試乗記
  • SUVだけじゃない! 根強い人気の北欧ワゴン ボルボ「V60」試乗で安東弘樹アナが感じた印象とは

SUVだけじゃない! 根強い人気の北欧ワゴン ボルボ「V60」試乗で安東弘樹アナが感じた印象とは

北欧・スウェーデン生まれのボルボ「V60」は、ステーションワゴンの中核モデルとして人気を博しています。今回は「V60」に改めて試乗。チョイノリでは気づかなかった「V60」の特徴とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

存在感はあるものの、他を威圧しないクリーンなデザインのボルボ「V60」

 北欧・スウェーデン生まれのボルボ「V60」は、ステーションワゴンの中核モデルとして人気です。今回は2018年9月にフルモデルチェンジした「V60」に改めて試乗しました。

ボルボ「V60」

 新型「V60」に乗るのは、2018年に行われたインポーター主催の試乗会以来、2回目です。その時には気付かなかった事もあるので、やはりクルマというのは乗れば乗るほど理解が深まるものだなと実感しました。

 今回運転した「V60」には「T5 インスクリプション」というバッジが付いており、2リッターのガソリンターボエンジンを搭載したモデルです。

PR使い勝手も高めたボルボの主力モデル! V60の中古車情報はコチラ

「V60」は他に「T6」というプラグインハイブリッドモデルと、同パワーユニットのハイパワー版の「T8」をラインナップしています。また、「インスクリプション」というのは上級装備モデルに付けられるグレード名です。

「V60」の外観ですが、私は昨今のボルボのクリーンなデザインをとても気に入っています。

 トールハンマーを模したヘッドライトのデザインを含めて存在感はあるものの、前走車を決して威圧しない全体の造形は、特に最近の“脅し顔”が多くなった日本車には、ぜひ見習って欲しいと心から思います。

 このボルボ顔はSUVの「XCシリーズ」から採用されましたが、車高が低いエステートやセダンになるとさらに精悍さを増します。今回も「V60」と対面した瞬間に「綺麗なクルマだな~」という言葉が素直に出てきました。

シンプルで明るい内装に加え、視認性に優れた大型モニターを装備 

 そして内装。相変わらず明るい、白に近いベージュのシートは、シンプルかつ人に優しい形状で目にも身体にも心地良いものです。

ボルボ「V60」内装

 どちらかというと縦に長いコンソールモニターはナビを表示した場合、進行方向に広い地図空間を示せるので、この方がありがたいと思えてきます。

 ただ、タッチパネル式のモニターは直観的には操作出来ないコマンドもあり、慣れないうちは視線を下に向けなければならず、これは最近のボルボ車に乗るたびに悩んでしまうところではあります。

 オーナーになってしばらくすれば解決するのかもしれませんが、短い試乗時間でも操作がスムーズにできるクルマもあるので、個人的には改善されることを望みます。

 さらにはオプションではありますが、ルーフに設置された大きな電動パノラマ・ガラス・サンルーフは、チルトもスライドも可能で、これは心からありがたいと思いました。

 というのも、タバコのアレルギーがあって空気に敏感な私には、換気ができるチルトやスライド機能は必須で、室内を広く感じさせる開口部が広いガラスルーフに明るいベージュ内装という組み合わせが私のクルマ選びの絶対条件になっています。

 この要望にボルボは応えてくれることが多く、十数年程前には「V70クロスカントリー」が愛車であった時もありました。

 そうそう、シートヒーターだけではなく、背中に大量の汗をかく私に必要なシートベンチレーターも、このグレードには標準で付いていることを申し上げておかなければなりません。

存在感はあるが威圧感はなし!ボルボ「V60」の画像を見る(27枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事