スープラの兄弟車 BMW新型「Z4」日本上陸! ポルシェと真っ向勝負の武闘派オープンカーだった

屋根を開けるとオープンならではの開放感が味わえる

 今回は一般道と言うことで、優れているだろうコーナリング性能やアクセルをフルに開けた時の動力性能など試せませんでしたが、十分以上に速いニュルブルックリンクのラップタイムや、4.5秒という0~100km/h加速タイムを見ると、どんな人でも納得出来る性能だと考えます。日本の道路環境であれば、2リッターで十分かもしれません。

BMW新型「Z4」

 屋根の開閉は電動で、ボタン操作だけで完了するので、信号待ちなどで屋根を開けて気分を変えられるのがステキです。屋根を閉じた状態で走ってみたら閉塞感は無く、ボディが引き締まった感じになるのもポジティブな印象です。

 ただ斜め後方の視界は極端に悪くなってしまいます。基本は屋根を閉じて走るというなら、ぜひクローズドでの視界をチェックしたらいいでしょう。

ライバルは「スープラ」ではなくポルシェ「ボクスター」

 大いに気に入った「Z4」ながら、いざ購入するとなったら、ポルシェ「ボクスター」と迷ってしまうでしょう。300馬力エンジンを搭載する「ボクスター」は、ジャンルという点で「Z4」と真正面から衝突するライバル関係です。

「ボクスター」の価格は712万円で、258馬力エンジン搭載の「Z4」と同等。走る楽しさという点じゃ甲乙付け難し! 「ボクスター」にはマニュアルミッションまであります!

 ちなみに先代「Z4」は少しばかり頼りなく、ライバルとして挙げるなら「ボクスター」じゃなく、メルセデス・ベンツ「SLC」のような雰囲気重視のクルマでした。

 トヨタと共同開発した新型「Z4」は、「ボクスター」と真正面から戦える武闘派です。それでいてオシャレなデザインを持っています。

 オープン2シーターを考えてるなら、「Z4」をショッピングリスト上位にしたらいいと思います。

【了】

「スープラ」とは全く違うデザイン!BMW新型「Z4」の画像を見る(30枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

最新記事