人気HV車何が違う? トヨタ「プリウス」と「アクア」の差別化とは 

日本の自動車市場で人気なクルマといえば、トヨタの「プリウス」と「アクア」があります。ある程度クルマに興味があれば両車の違いは分かりますが、初見からするとどちらも売れ筋ハイブリッドモデル。実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

トヨタの人気HV車「プリウス」と「アクア」の違いとは

 国内市場で売れ筋モデルといえば、トヨタの「プリウス」と「アクア」です。長年にわたり販売台数ランキングの上位にランクインしています。

 両者ともハイブリッド車という特徴上、「違いが分かりづらい」という声も存在。実際のスペックや使い勝手などでは、どのような違いがあるのでしょうか。

トヨタの2台人気モデル「プリウス(左)」と「アクア」(右)」

 トヨタ「プリウス」は、世界初の量産ハイブリッド車として1997年に登場し、2代目(2003年から2009年)、3代目(2009年から2015年)、そして現行モデルの4代目(2015年)と続いています。現行モデルでは、標準車の他にプラグインハイブリッドモデルの「プリウスPHV」も存在。

 一方、トヨタ「アクア」は2011年の登場から2018年現在まで、フルモデルチェンジすることなく度重なる商品改良を施して販売。SUV風の「クロスオーバー」というグレードも設定しています。

 ボディサイズは、「プリウス」が全長4575mm×全幅1760mm×全高1470mmから1475mmに対して、「アクア」が全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmとなっています。セダンタイプの「プリウス」、コンパクトカーの「アクア」と外観上でも違いがあるのです。

「プリウス」のパワートレインは、1.8リッターガソリンエンジン+モーターの1種類で、2WD/4WD(E-Four)を選択可能。「アクア」では、1.5リッターガソリンエンジン+モーター(2WD)の1種類で展開しています。

 カタログ燃費(JC08モード)は、「プリウス」(34.0km/Lから39.0km/L)、「アクア」(34.4km/Lから38.0km/L)です。

「プリウス」と「アクア」の 日常における使い勝手において、東京トヨペットの上馬店では次のように説明しています。

「まず、大きく違うのはボディサイズで、「アクア」は俗にいう5ナンバー車です。それに比べて「プリウス」は、「アクア」よりも一回り大きいので、安定感があります。また、普段の買い物等であれば差はありませんが、旅行やゴルフなどの際には収納力に差がでます。家族が3人、4人乗って快適に過ごせるという面では『プリウス』が良く、近場での利用が多ければ『アクア』が小回りも効くので良いかも知れません」

人気ハイブリッド車「プリウス」と「アクア」の違いを画像で見る(31枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事