先代「ジムニー」が新車で売っている!? 海外で生き残った日本車5選

クルマに限った話しではありませんが、新製品が出ると従来の製品は消える運命にあります。しかし、なかには旧型が生きながらえることもあります。そこで、日本国内で販売が終了した後も、海外で生き残ったクルマ5車種をピックアップして紹介します。

海外で生きながらえたクルマを5車種紹介

 フルモデルチェンジを行なうということは、従来型は生産を終えることになります。ただ、まれに新型と従来型が併売されることもありますが、わずかな期間です。

海外生産だからこそ生き残る道が開けるのかも

 また、フルモデルチェンジを行なうことなく、一代限りで販売が終了してしまうクルマもあり、この場合の多くは販売不振が理由です。

 いつかは消えてしまう運命にあるのは仕方ないことですが、なかには別の国で継続して販売されるケースもあります。

 そこで、日本国内で販売が終了した後も、海外で生き残ったクルマ5車種をピックアップして紹介します。

●日産「バッキー」

いまでも愛好家が多い「サニトラ」は南アフリカで「バッキー」として販売された

 日産「サニートラック」は『サニトラ』の愛称で親しまれているピックアップトラックです。

 1971年に「B110型 サニー」をベースとした2代目「サニートラック」が発売。ここから1994年の販売終了まで、一度もフルモデルチェンジすることはありませんでした。

 しかし「サニートラック」歴史はまだ終わりませんでした。南アフリカで「BAKKIE(バッキー)」という車名で継続して製造・販売されていたのです。

「バッキー」は名機と名高いA型エンジンも継続して搭載され、「サニートラック」と大きく異なるのはキャビンがハイルーフとなっていたことくらいです。

 また、トランスミッションは国内で採用されなかった5MTで、これを流用して搭載したいという『サニトラ』愛好家が多かったといいます。

 最終的に「バッキー」は2008年まで販売され、後継の「NP200」にバトンタッチされました。

「サニートラック」はじつに37年間もフルモデルチェンジされなかったことになります。

●マルチスズキ「オムニ」

「オムニ」のように安価で信頼性も高いものを長く使うのは当然かも

 スズキの軽ワンボックスバンといえば「エブリイ」ですが、初代の誕生が1982年ですから、37年もの歴史あるクルマとなっています。

 現在、国内で販売している「エブリイ」は5代目ですが、インドでは初代「エブリイ」がまだ生産されており、スズキの子会社マルチスズキが販売している「OMNI(オムニ)」という名のワンボックスカーです。

 外観ではフロントフェイスが「エブリイ」から変更され、バンパーも大型化されています。それ以外のボディはほぼ初代「エブリイ」のまま変わっていません。

「オムニ」は800ccの3気筒ガソリンエンジンを搭載し、5人乗りと8人乗りをラインナップしています。ユニークなのは8人乗りで、リアシート二組がまるでリムジンのように対面に設置されています。

 インドでの「オムニ」の価格は日本円で約46万円からと、かなりリーズナブルです。

●プロドゥア「アルザ」

日本では評価が低かったもののマレーシアで販売し続けられていた「アルザ」

 トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」はいまも好調なセールスを持続していますが、初代は2003年に発売され、スライドドアを持つコンパクトな3列シート車としてヒットしました。

 この初代は2010年に生産を終え、同じく3列シートの「パッソセッテ」(ダイハツ版が「ブーンルミナス」)が後継車になります。

 しかし「パッソセッテ」のリアドアは横開きのスイングドアとなったためか、販売は振るわず、1年と経たずに「シエンタ」がマイナーチェンジというカタチで再販されるという異例の事態に。

 その後「パッソセッテ」は約3年という短い期間で生産終了を余儀なくされます。

 ところが「パッソセッテ」はマレーシアでいまも、プロドゥアというダイハツとの合弁会社が生産し、販売されています。

 フロントフェイスは変更され、エンジンは1.5リッターのまま。室内は3列シートも同じですが「パッソセッテ」には設定されていなかった5MTもラインアップ。

 マレーシアでの価格は日本円で約160万円からとなります。

日本で絶版になっても海外で販売され続けたクルマを画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事