スバル「フォレスター」などハンドルが重くなる不具合で出荷停止 1月28日より再開の見通し

スバルの群馬製作所で生産している車両にステアリング装置の不良が生じたため、生産・出荷が停止されました。

ステアリング装置の不具合でスバル車の生産停止

 スバルは、群馬製作所(群馬県太田市)で生産している「フォレスター」「インプレッサ」「XV」の全車で、電動パワーステアリング装置に不良が生じている可能性があることが2019年1月16日に判明し、同日夜より車両生産・出荷を停止しました。

スバル「フォレスター」

 対象車種の新車登録は一時停止していますが、1月23日までに不良が生じる原因等について一定の確認が取れ、対策を施した部品を準備できるめどが立ったことから、早ければ1月28日より群馬製作所での生産・出荷を再開する方向で準備を進めているといいます。

スバル フォレスターの詳細を見る

 不良が生じた場合に発生する事象としては、メーターパネル内のステアリング制御警告灯が点灯するとともに、パワーステアリング機能が停止してハンドル操作が重くなる(通常よりも大きな力を要する状態)恐れがあります。詳細な原因・メカニズムについては、調査を継続しているとのことです。

 不良が生じている可能性がある車両の製造期間は2018年12月下旬〜2019年1月16日(冬期休暇の2018年12月29日から2019年1月6日までは除く)としていますが、製造期間については現在精査している段階で、今後変動することがあります。

 また、「レガシィ」「アウトバック」「レヴォーグ」「WRX」「BRZ」「トヨタ 86」の6車種については部品不良の対象ではありませんが、同一の車体組立ラインを使用しているため生産・出荷を停止しています。

【了】

出荷停止となったスバル「フォレスター」「インプレッサ」「XV」の画像を見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事