最新モデルでいにしえのBMWの姿を再現 カスタムバイクの世界を牽引する“RSD”とは?

2014年に登場したBMW Motorradの「R nineT」は、発売以降も数々の派生車種が販売されている人気のロードスターモデルです。

旧き時代のBMW、そのムードを再現したRSDによる1934 BMW R7 “9T Concept R7”

 カスタムの魅力のひとつには最新のモデルをクラシカルな雰囲気にイメージ・チェンジする、あるいは旧車に最新のパーツを組み込み、アップデートするなどといった手法がありますが、ここで紹介させていただくBMW Motorrad(以下:BMW)のカスタム車両は、その中でも前者的なアプローチで製作されたものです。

BMW“R7”をモチーフにしたRSDによるカスタムバイク

 2017年式の“R nineT Pure”(アール・ナインティ・ピュア)という現行モデルを素材にしたこの一台は、アメリカでパーツブランドの展開やカスタムバイク製作を手掛ける“Roland Sands Design”(ローランド・サンズ・デザイン:以下RSD)の手により、1930年代のBMWのイメージに仕上げられています。

 モチーフとなったのは1934年にBMWがプロトタイプとして製作した“R7”というモデルで、この車両は1929年に起こった世界恐慌や、後の世界大戦、同メーカーの経営的な事情などにより市場に出されることなく、日の目を見ることはありませんでした。

現在のカスタム・シーンを牽引するRoland Sands Designという存在

 そのモデルをイメージソースに、カスタムバイクを製作した“RSD”は、アメリカはもとより、世界のカスタム市場でも広く認知されている存在です。

 この“RSD”とはRoland Sands Designの略称で、当初はその代表であるRoland Sands(ローランド・サンズ)の父・Perry Sands(ペリー・サンズ)が1970年に設立したPerformance Machine(パフォーマンス・マシン:以下PM)というパーツメーカーの中の“カスタム部門”として2005年に立ち上げられました。

RSDの代表“Roland Sands”(ローランド・サンズ)

 Roland Sandsは、1998年に米国の競技団体であるAMA(アメリカン・モーターサイクリスト・アソシエイション)の250ccクラスのレースで年間チャンピオンを獲得した経緯を持ちますが、そうしたスポーツバイクを知る経歴を基に、アメリカで主流のカスタムである“チョッパー”、そしてクラシカルな旧車のテイストなどを巧くミックスしたスタイルのカスタムバイクを数多く手掛けています。

 その才覚はカスタムの世界のみならずメーカーからも認められ、2013年にはBMWのコンセプトモデルとして“Concept90”というマシンを製作。それがここで紹介する車両の素材となった“R nineT”の市販化にもつながっています。

 また、同様に2015年にRSDとBMWが発表した“Concept101”は現在のBMW “K1600B”の基デザインとなったといえる存在です。

RSDによる“R nineT Pure”カスタムによるの画像を見る(14枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事