ホンダ初代「スーパーカブC 100」 開発の陣頭指揮は本田宗一郎

世界生産累計台数1億台を超えるホンダの代名詞「スーパーカブ」は、1958年産声をあげました。初代「スーパーカブC100」は、創業者の故本田宗一郎氏が陣頭指揮を取り開発されたモデルです。

世界で愛されるスーパーカブは、この一台から始まった!

 現在まで脈々と続くスーパーカブの歴史は、1958年8月に初代モデル「スーパーカブC100」が販売開始され始まりました。

1958年に誕生した「スーパーカブC100」

「スーパーカブC100」は、創業者の故本田宗一郎氏が陣頭指揮を取り、使い勝手に優れ、誰もが気軽に乗れる新しい二輪車として開発。

 4サイクルの耐久性・低燃費と扱いやすさ、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームやクラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチ付き3段変速の採用などで、誕生から60年以上経過した現在でも世界各国で愛されています。

「C100」には、空冷4ストロークOHV単気筒エンジンを搭載し、最高出力4.5ps、最高速度は70km/hに達しました。

 スーパーカブ「C100」の価格(当時)5万5000円は、当時のサラリーマン平均月収約1万6600円のおよそ3.5倍でした。

今でも古さを感じさせないデザイン「スーパーカブC100」

 また、スーパーカブは、1959年に米国に輸出を開始して以来、海外延べ160ヵ国以上で販売されており、現在では二輪市場が拡大している東南アジア地域を中心に世界14ヵ国で生産され、世界の実用車として高い評価を得ています。輸出を開始して3年後には、世界累計生産台数が100万台を超えています。

 現在、スーパーカブシリーズとしての世界生産累計は、約1億200万台(2018年6月末時点)を超え、二輪車として世界中で高く評価されているのです。

【了】

初代「スーパーカブC100」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事