• くるまのニュース
  • ライフ
  • レクサスが世界初採用したドアミラーレス車、普通のミラーと何が違う? すでに課題も!? 

レクサスが世界初採用したドアミラーレス車、普通のミラーと何が違う? すでに課題も!? 

キーがオフ状態だと後方を見ることはできない?

 そもそも車両の電源を入れないと後方は全く見えないです。クルマに乗っている人ならご存知の通り、キーをオフにした状態で後方を確認する機会も少なくないと思います。

 また、後方の映像を表示する車内の画面も、少しばかり強引過ぎる感じです。ドアミラーと同じ場所なら、ドアミラーを見るのと同じ。かといって正面に映像を出すと、左右の安全確認が疎かになるなど弊害も出てきます。これもまた、他メーカーのデザイナーが言う通り、デザイン的に全く成立していないと思います。

 機能面でも現在のカメラ画像は実像には届きません。カメラの画像を表示するルームミラーの車両に乗るたびに「気持ち悪い」と感じるのがタイムラグ。ミラーに映る実像だと全くタイムラグなく見えているのに対し、わずかながら遅れるて見える状況。TVの4K画像だって人間の目で直接見るレベルになっていないのと同じです。

夜間でも後方の状況が明るく見えるメリットはある

 もちろん夜間の映像が明るく見えたりするメリットはあるものの(レクサスはバック時に下の路面を映すとアピールしてるが、普通のミラーでも採用している)、逆に言えばそのくらいです。将来的に危険性のある接近物体を判断して表示くれるなど次世代の機能が加わってくれば面白いと思いますが、もう少し時間はかかるでしょう。

【了】

世界初採用となるドアミラーレス仕様の詳細を画像でチェック(12枚)

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

最新記事