美しすぎる最高級セダン レクサス新型「LS」の進化は止まらない?

究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
レクサスのフラッグシップセダンとなる新型「LS」。どのような進化を遂げたのか。
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
究極の金属質感を追求したボディカラー 「銀影ラスター」を採用した新型「LS」
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
美しき日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。
日本の伝統文化をアートへと革新した 「プラチナ箔&西陣」を選ぶこともできる新型「LS」。

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. レクサスの原点なら音を封じ込めることが静かさ?と勘違いした初期より二代目が良いかも、筆者の最初からやってよ〜、正しくその通りだろね。
    もしもLSが未だにセルシオとしてTOYOTA店で買える車だったら最初から改良型のLSだったかもしれないね。
    LSと同じエンジンの先代GSやマジェスタが本当のセルシオ後継だったらな〜と何時も思う。

  2. ある意味失敗作ですね。
    競合独逸ブランド車の影響に引っ張られてのロングホイルベースのクーペルックは、
    LSの持つべき荘厳さを失い取り回しの悪さもあって、
    景気低迷で苦しむ日本のシャチョーさん方は買ってくれなくなりましたからね。
    そしてサイズバリエーションへの柔軟性を欠いたこのGA-Lシャシープラットフォームのせいで
    ISは現行改良に留まりGSとマークXは消滅の運びとなった点でも失敗作ですよね。

    日本伝統の工芸素材を切った貼ったしても
    デザインとの調和をとれていないただの張り合わせに過ぎない様にしか見えないよ。
    初代LSは、当時にトヨタの枠にとらわれない高級車として
    いちからすべてを超越するために開発に心血を注がれた車
    それに比べれば現行LSはブランドの御都合主義で独自性を見失い
    他車のトレンドに追随し路頭に迷ってる様に見えるんだよね。