道なき道を時速180kmで走る! 米国伝統のオフロードレースに参戦した 日本人ドライバーとトーヨータイヤのチャレンジとは【PR】

過酷なオフロードを時速180km以上で走るタフなレース

 さてミント400は、1周100マイル(約160km)のコースを4周するレースです。このコースは2012年に新たに設定されたもので、コブシ大の石がゴロゴロと転がっている上に、1mほどの高さのコブが連続する厳しいウォッシュボードがあることで知られています。

ミント400に参戦した三浦昂選手のマシン

 そんなコースを、場所によってはアンリミテッド・トラッククラスだと最高速度は約200km/h、三浦選手が出場したカテゴリーでも180km/hを超える速度で走り、2時間弱で1周を駆け抜けるといいます。マシンやタイヤ、そしてドライバーにかかる負担は非常に大きなものですが、それでも三浦選手はミント400出場マシンのポテンシャルに驚きを隠せません。

「改造の許容範囲が広いということもありますが、とにかくサスペンションの性能がケタ違いで、どこまでも行けちゃう感じがするんですよ。でも性能が高いので、限界を超えてしまった場合はクラッシュするんだろうなと思いましたね」。

 写真を見るとわかりますが、三浦選手が乗ったマシンはシャシからレース用に作られているもので、トラックとは名ばかり。軽量なボディとフレーム、長く太いダンパー、そして非常に大きなタイヤを採用しています。ちなみにタイヤサイズは40×13.5R17、サイズだけを見ても高い耐衝撃性能とトラクション性能を持っていることが想像できます。

「決してお世辞ではなく、非常に高い性能を発揮してくれました。今回、僕が乗ったマシンはFRだったのですが、テールスライドに対してシビアにならざるを得ないんだろうなと予想していました。

 しかし実際に乗ってみると、タイヤの接地長が長いのか縦方向のトラクション性能が非常に高く、アクセルを踏みながらもスライドコントロールが実に容易でした」。

1968年から続く米国伝統のオフロードレース、ミント400。ラスベガス近郊の山麓の過酷な砂漠地帯を走破する
ミント400には全米から観客がやってくる。ラスベガスではレース開催前にセレモニーがおこなわれる

 ちなみに、レースの結果は残念ながらリタイア。

 オープンカントリーM/T-R はパンクすることもなくノートラブルでしたが、2度にわたる不運なマシントラブルに見舞われ、リカバリーしている間に時間切れになってしまったといいます。

 しかし、今回のチャレンジは今後の大きな糧になったと三浦選手は語ります。

「じつは、純粋なレーシングマシンに乗るというのが、今回が初めての経験でした。ダカールラリーでは4WDのランドクルーザーで参戦していましたから、2輪駆動でレースをおこなうのも初めてです。

 マシンは非常に高いポテンシャルを持っていましたが、同時にドライバーにも高いスキルが求められます。繊細なアクセルワークだったり、より俊敏な判断力であったり。

 今回体験したことが、また今後のダカールラリーでのさまざまな局面で活かせられると思っています。加えて、僕はトヨタ車体の社員としてランドクルーザーの開発にも携わっているので、今回乗ったマシンや体験したさまざまな状況をクルマづくりに反映させていくつもりです」とコメントしています。

ミント400は全行程400マイル(約644km)におよぶ過酷なオフロードを走破するコース。今回は一度もパンクすることがなかったという
ミント400ではより繊細なアクセルワークや、俊敏な判断力が求められたという。今後のラリーや車両開発に活かしていくとコメントした

 世界を股にかけてのチャレンジを続ける三浦昂選手。6月には、再びオープンカントリーM/T-Rとタッグを組んで、スペイン・アンダルシアラリーに参戦予定とのこと。

» OPEN COUNTRY M/T-R 製品ページへ

» TOYO TIRES公式インスタグラムアカウントへ

米国伝統のオフロードレース「ミント400」ってどんなトコ? 画像でチェック(36枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事