愛車は大切に長く乗る時代!気になるヘッドライトの黄ばみ・くすみの対処法とは【PR】

クルマの平均使用年数が延び1台のクルマが長く活躍するようになった昨今。長く乗る上で気になってくる部分と言えば、ヘッドライトの黄ばみが挙げられます。見た目にも安全運転にも影響するこの黄ばみを即効で落とせるアイテムがあるといいます。どのようなものなのでしょうか。

クルマの見た目と安全性に影響を与えるヘッドライトの黄ばみ

 クルマの基本性能が大幅に向上し、平均使用年数が年々延びている昨今。クルマ自体が壊れにくくなった反面気になるのが、経年劣化による部品の変色や傷みです。そのなかでも、ヘッドライトの黄ばみやくすみは、かなり目立つ上に通常の洗車では落とすことができません。一体どのように対処すればいいのでしょうか。

ヘッドライトにはポリカーボネート樹脂が使用されており紫外線などで劣化しやすい

 クルマのヘッドライトを黄ばませる主な原因は、多くのヘッドライトに使用されている「ポリカーボネート樹脂」というプラスチック素材の特性によるものです。

 この素材をヘッドライトに採用するメリットは、ガラスと同等の透明度を持っているだけでなく低コストで幅広いデザインに対応可能なこと。さらに耐衝撃性にも強く、衝撃によって破損した際でもガラスのように破片が飛散しにくいなど、多数挙げられます。

 一方で、紫外線や熱に弱く、表面に傷が付きやすいという特性もあり、その弱点こそがヘッドライトを黄ばませる原因となっているのです。

ヘッドライトが黄ばんでくると一体どんな影響がある?

 実際にヘッドライトが黄ばむとどういった問題があるのでしょうか。ヘッドライトの黄ばみはクルマの見た目の古さを際立たせるだけでなく、夜間走行時に必要なライトの明るさも低下させます。

 さらに黄ばみや汚れが進行すると白熱球やHIDバルブの光が遮られてしまい、光量が足りなくなることも考えられます。そうなると、最悪の場合は車検に通らなくなる可能性も出てくるのです。

ヘッドライトの黄ばみの解消をプロに頼むと平均で1万円強かかってしまう

ヘッドライトの黄ばみは通常の洗車では落とすことができない

 それでは、ヘッドライトの黄ばみを解消するためには一体どうすれば良いのでしょうか。代表的な対処方法はディーラーやガソリンスタンドなどでプロに依頼する方法ですが、施工の時間がかかる上に平均価格は1万円強と比較的高額です。

 そのため、あまり費用をかけたくない場合は各カーケア用品メーカーがラインアップする専用のヘッドライトクリーナーを使用する方法が一般的となっています。

一体どれを選べばいいの? おススメヘッドライトクリーナーとは

呉工業の「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」を使えば短時間でピカピカになる!?

 カー用品店などに行くと、ヘッドライトの黄ばみを取るための商品が数多く取り扱われていますが、今回おススメしたいのが、呉工業が販売する「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」です。

この製品はヘッドライトの黄ばみやくすみをこすることなく落とすことができるうえ、施工後のクリアな状態を長期間持続させることができるヘッドライト専用のクリーナー&コーティング剤です。

 ルックス ヘッドライト クリア&プロテクトの詳細はこちら! 

【画像】即効!楽々!ルックス ヘッドライト クリア&プロテクトの使用前/使用後をもっと見る(53枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事