新型ジムニーなぜ人気? 軽の四駆が爆売れの理由をオン/オフ試乗で探る

20年振りに全面刷新したスズキ新型「ジムニー」。すでに納期は年明けとも言われるほど人気を博しています。なぜそこまで新型ジムニーが話題になるのでしょうか。早速乗る機会に恵まれましたので、人気の理由とは何かを実際に試乗して探りたいと思います。

オン/オフ試乗で見えた大幅進化の新型ジムニー

 20年振りの全面刷新とはいえ、ここまでスズキ「ジムニー」が話題になったのは歴代を見ても初めてではないでしょうか。すでに納期は年明けとも。なぜそこまで新型ジムニーが話題になるのでしょうか。早速乗る機会に恵まれましたので、人気の理由とは何かを実際に試乗して探りたいと思います。

急な土の坂も難なく登る新型ジムニー

 ちなみに今回試乗したのは、ベーシックグレードであるXGの5速マニュアル・トランスミッション(以下:5MT)と、最上級グレードであるXCの4速オートマチック・トランスミッション(以下:4AT)です。

 さて、住宅街を発進してすぐ感じるのは、従来型のJB23とは「質」がまるで違うということ。ラダーフレームとアッパーボディを新造してボディ剛性が大幅に向上したことは、非常に高級感のある乗り心地に顕れています。

 またステアリングダンパーが標準化されたことで、何となくフラフラと不安定だったハンドル操作が、カチッと節度感のあるものに変わったことも好感が持てます。ジムニーのチーフエンジニアである米澤弘之さんが「基本のフレームと足回りはしっかりと造りたいと考えていた」という想いが、走りから感じられます。

 乗り心地は、格段に良くなりました。マンホールや舗装の段差など路面の凹凸を乗り越えても、車内に伝わる衝撃はほとんど感じません。ハーシュネスを長時間感じることでパッセンジャーは意外と疲労するものです。純正タイヤもジムニー専用設計となっており、フィーリングの良さに寄与しています。

 信号によるストップ&ゴーが連続するような一般道で、挙動変化が少なくなったことも非常に快適です。新型は従来型よりも自由長が短く、径の大きなダンパーを装着しています。さらにコイルスプリングのバネレート特性、サスペンションのジオメトリーなどが見直され、どんなシーンでも軽自動車らしからぬ乗り味が確保されています。

オフロードでも性能をチェック!新型ジムニー写真で見る(32枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2 3 4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー