全長2.5m切りのトヨタ「斬新2シーターモデル」に反響多数!? 「これで十分」「シンプルなのでイイ」 100万円台で画期的な「おふたりさま向けマシン」とは

トヨタが販売する2人乗りの手頃なモデルについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

超お手頃な「足車マシン」に「十分すぎる」の声

 トヨタのラインナップに、買い物や通勤などの短距離で使える手軽な小型2人乗りモビリティ「C+pod(以下シーポッド)」があります。
 
 このシーポッドについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

今夏生産終了する「シーポッド」
今夏生産終了する「シーポッド」

 シーポッドは2020年12月に登場しました。2023年4月施行の改正道路交通法で新設された「移動用小型車」に属すモデルです。

 トヨタはシーポッドについて、「軽自動車よりも小さく、免許取り立ての独身若年層や運転に不安を感じる高齢者の方など、日常生活で少人数かつ近距離の移動が多いユーザーの方々に賢く使っていただけるモビリティです」と説明しています。

 ボディサイズは全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mm。最小回転半径は3.9mで、片側1車線の道路でも1度の切り返しでUターンできるほか、狭い道や車庫入れなどでも取り回しのしやすいサイズ感です。

 パワートレインは最大出力12.5馬力・最大トルク56Nmを発揮するモーターをリアに搭載し、シート足元には51Ahリチウムイオンバッテリーを搭載。航続距離は150kmを確保しています(WLTCモード)。

 最高速度は60km/h以下に制限され、高速道路の走行はできませんが、基本的に短距離での利用が想定されており、150kmの航続距離は十分なレベルです。

 充電は200Vの普通充電で約5時間で完了し、家庭用コンセントの100Vにも対応。外部に電源を供給する1500Wのコンセントなども設定し、災害時だけでなく日常でも電源として活用することができます。

 エクステリアは樹脂製の外板を採用し、軽量化を図りました。ブラックのキャビンや大型LEDヘッドランプ・テールランプなどが安定感と塊感を感じさせます。

 インテリアは、室内幅1100mmに抑えつつも大人2人が並んで座れる空間を実現。インパネ中央にスイッチなどを配置し、操作性を追求したほか、助手席トレイやカップホルダー2個を装備するなど、利便性も確保。

 高効率のクーラーや快適温熱シートも装備され、バッテリー残量を減らさずに快適性も追求しました。

 先進機能としてはプリクラッシュセーフティやパーキングサポートブレーキを装備しており、両席エアバッグやABS、ELR付きシートベルトとともに高レベルの安全性能を追求しています。

 そんなシーポッドですが、当初は法人や自治体などへの限定としていましたが、2021年12月からは、個人向けも含むすべてのユーザーに販売を拡大。全国の販売店でも扱うようになりました。

 ラインナップはベーシックな「X」と上級モデル「G」の2種類を用意。価格(消費税込)はXが166万5000円、Gが173万1000円です。法人向けモデルとして簡素な1人乗り仕様も設定してします。

 シーポッドは国の施策によるCEV補助金の対象となっており、自動車税も優遇措置を受けられるほか、自治体独自で補助金の対象になることもあり、実質的に100万円台前半で購入できます。

 しかし、シーポッドは今夏で生産終了する予定で、後継モデルについてトヨタのアナウンスはありません。

※ ※ ※

 そんなシーポッドですが、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

「こういう車もありだと思う」「こういうのでいいんだよ」「近所ならこれでも十分だよね。」など、普通車ほどのサイズや出力、速度、乗車定員は必要ないものの、買い物や通勤などの短距離で使えるという割り切ったパッケージングを評価する人が多いようです。

 また、「補助金ありきで100万そこそこ、維持費は超安いので、下駄車としてはありかも」「新車が高いからこれくらいシンプルなのでイイ」と、必要にして十分なものでありながら、比較的安く用意されていることを肯定する声も。

 その一方で、「これが乗り出し40万くらいになればなぁ」「軽自動車買えるよ…」と、もう少し安価にしてほしいといった意見も見られました。

 さらに「なくなっちゃうのか。残念」「地方や離島では有効だと思ったんだが」など、生産終了について残念がる声も。

 現在、地方では運転手が確保できないことから、バスなどの公共交通機関で減便や路線の廃止が相次ぎ、移動手段の確保が求められています。

 こうしたなか、先進運転支援を搭載し、高齢者でも安心して乗ることができる安全性な新車でありながらも、手頃な価格でかつ必要十分な性能を持つモビリティが求められています。

 郊外や離島などでの活躍が期待されたシーポッドですが、その後継車についても待たれるところです。

【画像】超カッコイイ! これがトヨタの「斬新2シーターモデル」です! 画像で見る(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. 自動車税が軽5ナンバーだから毎年10,800円って
    高速も乗れない車に対しては高すぎでしょ。

  2. はっきり言ってトヨタの駄作!
    175万円も出して誰が買う?それならトヨタコムス75万円で十分!

  3. 車の写真にトランクの広さが分かる写真を入れてください。出来たらゴルフのキャディーバッグが椅子を倒さずに積めるかどうかが知りたいです。よろしくお願いします。

    • ゴルフカートにするつもりデスか?、まさかコレでゴルフ場まで出向こうと?チャレンジャーですね。

    • コムスが2人乗りもしくは大人1人プラス子供2人乗れたらええねんけど

  4. 超小型モビリティは車両価格が軽自動車と変わらないし、税金も軽自動車登録とかになったりで「それならより利便性の高い軽自動車でいいじゃん」で結局、売れないのな

    「こういうのでいいんだよ」「近所ならこれでも十分だよね。」とか言うやつは言うだけ言って絶対買わないタイプだし

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー