ホンダ高級「“スポーティ”SUV」実車公開! 超“精悍”な「スタイリッシュモデル」! 迫力エアロが超カッコイイ「CR-Vモデューロ」バンコクで展示

ホンダのタイ法人は、カスタムカーイベント「バンコクオートサロン2024」に最新型「CR-V e:HEV」を「Modulo(モデューロ)」のパーツでカスタマイズしたモデルを出展しました。

6代目「CR-V」のプレミアム感をさらにアップするカスタマイズモデル

 ホンダのタイ法人は、2024年6月26日から30日まで開催されたカスタムカーイベント「バンコクオートサロン2024」にカスタマイズモデルを出展しました。
 
 なかでも、プレミアムSUVの最新型「CR-V e:HEV」に「Modulo(モデューロ)」のスポーティなカスタマイズを施したモデルが注目を集めていました。

プレミアム度アップ! ホンダ 最新型「CR-V Modulo(モデューロ)」とは
プレミアム度アップ! ホンダ 最新型「CR-V Modulo(モデューロ)」とは

 1995年に登場したクロスオーバーSUVのCR-Vは、デビュー早々に米国をはじめ世界各国で支持を集め、今ではホンダを代表する主力グローバルモデルへと成長しています。

 先代にあたる5代目までは日本でも販売されていましたが、6代目の現行型は、2022年7月から世界各国で順次販売されています。

 1.5リッターガソリンターボエンジン車に加え、2リッターガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッド車「e:HEV(イーエイチイーブイ)」をラインナップします。

 なかでもCR-V e:HEVは、2023年に米国で年間19万7317台を販売した最量販モデルとなるなど、好調な売れ行きを示しています。

 さらに同モデルをベースにAC充電機能も備えたFCEV(燃料電池車)とした新型「CR-V e:FCEV」が2024年夏に登場の見込みで、こちらは日本でも発売される予定です。

 そんな6代目CR-Vはタイにおいて2023年3月にデビュー。現地のホンダ工場で生産されるなど、グローバルモデルらしい展開となっています。

 タイ仕様のボディサイズは、全長4691mm×全幅1866mm×全高1681-1691mm、ホイールベース2700mm。

 ガソリンモデル、e:HEVモデルそれぞれに2WDと4WDが設定され、最上級グレードとなるe:HEVの4WDモデルにはスポーティな「RS」のグレード名が与えられています。

 先進運転支援機能「ホンダセンシング」は全車に標準装備され、高い安全性を誇ります。

 タイにおける販売価格は、141万9000バーツ(約627万円)から172万9000バーツ(約764万円)までとなっています。

 そんな高級モデルであるCR-Vのプレミアム度を高めたのが、今回バンコクオートサロン2024に出展されたモデューロ「プレミアムスポーツパッケージ」を装着したカスタマイズモデルです。

 クロームメッキのアクセントが施されたスポーティなフロントバンパー&フロントグリルやサイドステップ、テールゲートトリムなどがセットされており、現地でのオプション価格4万3500バーツ(約19万円)から用意されています。

※ ※ ※

 前述の通り、現行型の6代目CR-Vは日本での販売はおこなわれていませんが、同モデルをベースにAC充電機能も備えたFCEV(燃料電池車)の新型「CR-V e:FCEV」が、2024年夏より国内導入される予定となっています。

 水素の一充填走行距離は600km以上、EV走行可能距離は60km以上を目指し開発されており、CR-Vの優れた居住性はそのままに、日常の走行は電気のみで過ごし、週末などのロングドライブは水素で走行、といったような使い分けができる点が大きな特徴です。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ最新型「CR-V」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 以前も伝えたんですけど、SUVのSはスポーツなのにスポーティSUVって記事書く人の感覚が理解出来んわ日本料理っぽい寿司とかイタリアンなパスタって言いますか?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー