209万円! ホンダの小さな「新型SUV」何が人気? カクカクデザインのスクエアモデル! WR-Vに寄せられる声とは

2024年3月に発売されたホンダの小型SUV「WR-V」は安価で購入しやすいクルマとなっていますが、どのグレードが人気なのでしょうか。

ホンダ新型「WR-V」とは

 ホンダは2024年3月22日に新型SUV「WR-V」を発売しました。

 日本でのホンダSUVラインナップの中では小型で安価なモデルですが、どのグレードが人気なのでしょうか。

209万円からの新型「WR-V」
209万円からの新型「WR-V」

 ホンダのSUVには既にコンパクトクラスの「ヴェゼル」、ミドルクラスの「ZR-V」があり、それらに加えて第3のSUVとしてラインナップされたのがWR-Vです。

 WR-Vのボディサイズは全長4325mm×全幅1790mm×全高1650mm、ホイールベース2650mm、最低地上高195mm、最小回転半径5.2m。

 サイズ感はヴェゼルとほぼ同じですが、より使い勝手が良く、「エントリーSUV」ともいえるモデルになっています。

 コンパクトながらも、全体的に角ばったデザインがボリューム感ある印象に仕上げており、SUVらしい力強さは決して損なわれていません。

 サイドから車両前端まで伸びるフロントフードとスクエアなフロントグリルによる分厚いロングノーズと、厚みのあるボディ造形が力強いデザインに仕上げています。
 
 「X」、「Z」、「Z+」の3種のグレードが展開されており、価格はそれぞれ209万8800円、234万9600円、248万9300円です。いずれもSUVとしては安価といえるでしょう。

 Xはベースグレードです。Z、Z+はインテリア・エクステリアを充実させることでグレードごとに差別化していますが、性能差は基本的にありません。

 Zはコンビシートなどを装備してインテリアを充実させたほか、Xで16インチスチールだったホイールは17インチアルミホイールとなっています。

 Z+では力強さをより演出する専用エクステリアを採用しており、ブラックのフロントグリルやシルバーのドアモールディングが目を惹きます。

 WR-V人気の要因のひとつに安価な価格設定が挙げられますが、他にも実用面でも特長があります。

 コンパクトなボディではありながらも後席のキャビンスペースが広く確保されており、アウトドアや荷物を多く積むシーンでも活躍が期待できます。

 パワートレーンは、静粛性と高出力を両立した1.5L DOHC i-VTECエンジンを搭載。

 これに、加減速時のステップシフト制御を採用するなどWR-V向けに最適化したCVT制御を組み合わせることで、心地よく安心感のある走りが可能です。

 またホンダの安全運転支援システムであるHonda SENSINGを全グレードに装備。誰でも乗りやすい仕様となっています。

 それではWR-Vについて、ユーザーからはどのような声が届いているのでしょうか。首都圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「WR-Vは多くのお問い合わせを頂いております。

 装備などが最も充実しているのは最高額のグレードであるZ+ですが、最高額であってもかなり手頃な価格で購入できるため、やはりZ+が最も人気なようです。

 最も安価なグレードはXですが、上位の2グレードも比較的無理なく購入できる価格であるためこちらにはあまり人気が集まっていない印象です」

 また関西圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「複数のグレードをご用意していますが、生産工場が日本国内ではないため納車に時間を要するグレードもあります。

 Z+は最も早く9月納期でご用意できるほか、店頭に試乗車をご用意しているのもZ+であるため、やはりZ+が最も人気となっています」

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが縦グリルの新型「WR-V」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー